【済州の風景】済州大学校我羅キャンパス・その1:在日済州人センター・在日済州人室

済州旅シリーズもようやく最終日。この日はまず、済州大学校へ。済州大のキャンパスは2つあるのですが、メインはこちらの我羅キャンパス。旧済州・新済州の市街地からはちょっと離れたところにあります。もっとも、バスの便は頻繁にありますから、通勤通学に…

井上章一『阪神タイガースの正体』が脚光を浴びそうな案件発生か

ふむ。確かにこれは、井上センセにコメントを取りにいかんとあかんですね。CSファーストステージ真っ最中に縁起でもないこと言うよなぁw pic.twitter.com/3N7hb2eFB1— キャオ@大阪トホホ団亡者戯 (@tohohodan) 2017年10月16日阪神タイガースの正体 (朝日文庫)作者…

えぇーだってぇー広報館でしょ?

うーん。分野は違いますけど、広報館の類はけっこう見て回ってます。そんな状態じゃない広報館のほうが、よっぽどレアものな気がしますよ。言いたいことはわからないでもないですが、このコラムの入り方は、どんなもんでしょうねえ。その状況、原発の問題と…

何にもない日々

何もないが故の憂鬱はあるが、何もないが故に少し立ち直れる。www.youtube.com

『韓経ビジネス』(2017年09月27日 第1140号)の特集「相助事業の全て(상조산업의 모든 것)」を読む・その3

こちらの続きですね。blue-black-osaka.hatenablog.com下の記事に出てくる「e-하늘(イーハヌル)」というオンライン葬事情報システムについては、2010年1月に朝鮮日報を引用する形で取り上げていました。別のところでももう少し取り上げたような気もするの…

やっぱり苦手な季節の変わり目

どぉしてもこぉなるなあ。気候の変化について行く出足が一歩遅れる。あとは疲れと寝不足の蓄積か。ま、とりあえず寝るしかないですね。

『韓経ビジネス』(2017年09月27日 第1140号)の特集「相助事業の全て(상조산업의 모든 것)」を読む・その2

昨日取り上げた『韓経ビジネス』の特集。引き続き読んでいますが、やはりこれ、なかなか読み甲斐のある内容です。blue-black-osaka.hatenablog.comここに取り上げた「火葬場と奉安堂」そして「自然葬」に関する記事では、それぞれについての現状と課題がよく…

「2017ソウル生死文化週間」と市民討論会

続けて関連したネタを。もう先月のことですが、「2017ソウル生死文化週間」というのがあったんですね。これまであまりちゃんと気に留めていませんでした。始まったのは2015年だそうです。韓国にいれば見に行きたいところでしたけど、この日程だと来年以降も…

今年の最新火葬率発表直前、関連記事を漁る。

昨日、済州市の東部公設公園墓地の記事を書いた関連で、そろそろ発表されるはずの最新火葬率についてチェックしてみたんですが、まだ出てないみたいですね。例年だいたいこの時期なのですが、今月下旬にでも発表されるでしょう。blue-black-osaka.hatenablog…

韓国で飲む「日本のビール」の変化

ふむ、なるほど。そういう変化があるんですね。私ではたぶん、ぜんぜん気が付けないポイントです。というのも、韓国で日本のビールを飲んだ経験がほとんどありませんから。確か一度だけ、汝矣島かどっかの日本式居酒屋に連れていかれた時にアサヒのスーパー…

【済州の風景】済州市東部公設公園墓地

行程としてはこちらの続きになります。【済州の風景】済州抗日記念館・朝天万歳の丘聖域化公園 - 大塚愛と死の哲学 オスンセン・西部に続く済州市第3の公設公園墓地がこちら、東部公設公園墓地です。ここへアプローチする道路の両脇に、かなり広い面積を取っ…

猫生経験の違い

まあ、いろいろなことを経験しないままここに至ってしまってますけど、経験してきたこと自体がないわけではないです。野良生活で覚える野垂れ死にのリアリティとか、それでも生きながらえてこれた条件とか。

【済州の風景】済州抗日記念館・朝天万歳の丘聖域化公園

城山邑から済州市中心部へ戻る途中に立ち寄ったのが、済州抗日記念館。 map.konest.com www.visitjeju.net 済州島の旅2011この朝天面という場所は、1919年の3.1独立運動当時、済州の運動の中心となったことで知られている場所で、それでここに抗日記念館と記…

思うようにいかないこと

すぐイラッとするのが、私の悪い癖。いえ、雑に片づけて楽に済まそうとする私が悪いのはわかってます。

映画「僕のワンダフルライフ(A Dog's Purpose)」を観て、韓国リメイク版を想像する。

ま、たまには韓国映画以外も観ます。boku-wonderful.jpwww.youtube.comwww.youtube.com評判を聞いて観に行ったんですけど、いい作品でしたね。わんこ目線から浮かび上がってくる人々の人生。出会いと別れ。孤独な魂にもたらされる再会。何度となく泣かされな…

基本、ダメダメの一日

自分なりには、頑張ったつもりですよ。でも、朝から電車が遅れて来て、動かそうとした机をひっくり返して、やっとかんとあかんことをころっと忘れて、睡魔がしつこくしつこく襲ってきて、僕はもぉ疲れたよ、なんだかとっても眠いんだ。これはねえ、もぉ諦め…

戊辰戦争当時の会津藩士埋葬に関する史料の発見

このニュース、最初に見かけたのは毎日新聞の記事でしたが、調べてみると福島民報がだいぶ先に報じていたんですね。会津藩士埋葬の資料発見戊辰戦争で会津藩が降伏した明治元年10月、西軍(新政府軍)は会津藩士ら約3000人がこの戦争で亡くなったらしい…

時間切れを迎えつつある強制徴用被害者への賠償問題

考えてみれば、「あなた、その川を渡らないで」に出ていたご夫婦が結婚したのが1930年代のことです。ここに出てくる高齢な方々は、ほぼ同世代に当たります。時間切れを迎えつつあるというよりもむしろ、既に時間切れの段階になっていると言ったほうが正確か…

路線バスの少女像レプリカ、秋夕に全国巡業へ

このニュースはですね、聯合ニュース日本語版の記事を読んでるだけでは、あんまりちゃんと見えてきません。 路線バスに設置された「少女像」 連休中は地方に=韓国 2017/10/02 16:06【ソウル聯合ニュース】ソウル市内を走る151番バスに設置された旧日本軍…

朝日新聞の「少女像守る学生「日本好き」 池上彰さんが歩く韓国」という記事

正直、ここに書かれているのとはたぶん別の意味でもやっとする記事です。ただ、のちのち振り返ることがあるかもしれないので、チェックしておきます。それにしても朝日新聞は、ここで池上さんを起用するんですねえ。ご本人の希望なんでしょうか。他にも人は…

歩いてふらつく。

人が多いところは好きではないので、ふらふらする場所の選択に失敗した感。

大昔の記憶を辿って

ただ、こんな青空は記憶にもありません。その時は夜空だったので。 www.youtube.com今は17時で営業終了です。変わってないと言えば変わっていませんが、やっぱり変わってはいます。ちなみにこっちは初めて乗りました。その時はクルマだったので。

【KARA】ギュリ、次の映画出演が決定

こうしてオファーが続くのは間違いなくいいことです。前回と同じチョソンギュ監督と組んだ作品ですが、舞台としては江原道、映画「二つの恋愛」に通じるところがありますね。要するに、「久しぶりに江原道に行け」という私へのお告げなのかもしれません。blu…

【済州の風景】済州4.3平和記念館・済州4.3平和公園

ダラダラと続いているこの済州旅のシリーズ。前回までが一まとまりで、今回から日が改まります。blue-black-osaka.hatenablog.com済州4.3平和公園は以前にいちど訪れたことがありますので、これが二度目の訪問です。www.konest.comまずは平和記念館の展示見…

「ソウル・日本大使館前の慰安婦少女像に法的根拠」というニュース

まあ、報道自体は確かにそうなんですけど、それがソウル市鍾路区の条例に基づくものだということは、留意しておく必要があります。 日本大使館前の少女像を「公共造形物」指定 撤去困難に=韓国 2017/09/28 10:27【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市鍾路区…

韓国LCC・イースター航空が鹿児島就航へ

このニュース、いま気づきました。マジですか?「鹿児島へカゴシプタ」とは、何ともリズム感のあるダジャレですね。 てかこれ、宮崎・大分への就航も予定されているわけです。完全にどう見ても、九州大好きな韓国人のニーズに応じた路線やないですか。イース…

白浜を見て上野を見るように、たま電車を見て玉電を見る。

まあ、パンダとネコは和歌山の二大スターですからね。それに憧れ、目標にする気持ちはわからないではありません。http://cat-ranmaru.sblo.jp/article/60496608.html追いつき追い越すつもりで、これからも頑張ってください。 ライトが目? 「パンダ特急」誕…

韓国女子バスケットボール界の課題とは

こんなマイナーな話題を翻訳して掲載した朝鮮日報日本語版には敬意を表したいと思います。が、この抄訳の仕方と見出しは、問題の所在をかえってわかりにくくしてしまっているような気がしますよ。 記事入力 : 2017/09/26 08:48 危機の韓国女子高バスケ、部員…

天安の国立望郷の丘に「慰安婦被害者追慕碑」建立へ

まあ、前から計画されていたと聞いていることなので、特に目新しいニュースではありません。慰安婦被害者が全員この世を去る時が着実に迫りつつある中、国立望郷の丘を慰安婦被害者の「聖地」にしていこうという方針が明らかになりつつあるといったところで…

何もないお休みの日には

行ったことないところに行き、歩いたことないところを歩く。大して遠くに行かずとも、それはそれでまた楽し。