【利川の風景】利川民主公園への道

利川民主公園というところは、竹山まで来るのに乗ってきた統営‐大田・中部高速道路沿いにあるので、場所そのものはわかりやすいといえばわかりやすいのです。が、その近くまで行くバスは一日2便とかいうレベルなので、それを使わずにアクセスするなら最寄りのバスターミナル(竹山か利川)からタクシーに乗るくらいしか手段はありません。竹山からでも10キロ以上あるので、徒歩はお勧めできません。

裏の手段として、スパリゾート施設の利川テルメデンを利用して、東ソウルバスターミナルからの直行バスや利川市外バスターミナルからのシャトルバスに乗るという手もあるのですが、残念ながら私の訪れた時期は休館中だったので、この手は使えませんでした。テルメデンまで行ければ、あとは4キロ弱の道のりですから、徒歩でもアクセスできなくはありません。

ともあれ、タクシーに乗って行先を告げるときには、「利川民主公園」と言ってもなかなか通じませんので、「フェニックススプリングゴルフ場」や「利川農業テーマ公園」の名前を出したほうがいいでしょう。農業テーマ公園は、利川民主公園と隣接して…と言うか、ほとんど一体化した敷地になっています。

ただ、70番の地方道から高速道路をくぐってすぐのところにある農業テーマ公園(やさらにその先のフェニックススプリングカントリークラブ)のところまで行ってしまうと、それは実は行き過ぎで、利川民主公園は高速道路と農業テーマ公園との間に挟まれた形で存在します。実はそちらへアクセスする道路もあったのですが、どう見ても工事中だったために、タクシーの技士ニムが通り過ぎてしまったのでした。

農業テーマ公園から民主公園へのアクセス道を見下ろすと、こんな感じです。

いちおう一通りは完成しているようであっても、開場しているようには見えなかったので、技士ニムが最初そちらへ入ろうとしなかったのも、無理はありません。


で、8月に竣工予定だったはずの利川民主公園が9月下旬の時点でどんな状態だったのかについては、また改めて。

利川民主公園は8月に竣工