国史教科書国定化が生み出すと予想される結果

まあ、こんな風に左右入り乱れて今まで以上の大騒ぎになるのは、充分に予想できたことです。仕掛けた側が「予想していなかった」とは言わせません。十二分にわかったうえで、朴槿恵政権サイドがそこを強行突破にかかった、ということのはずです。

[ニュース分析]朴大統領の教科書国定化に潜む「軍事クーデター・維新体制」合理化
登録 : 2015.10.20 10:59 修正 : 2015.10.20 16:28

1989年の放送インタビューで
維新独裁で長期政権」との指摘に
「青少年にそんなふうに教えるとは
なんと大きな歪曲か」と強く反論
政治的に困難な時期を除き
“父親の名誉回復”に執着


1978年に奨忠体育館で開かれた第9代朴正煕大統領就任式。朴槿恵大統領がファーストレディとして参加している//ハンギョレ新聞社

 「父に対する罵りが続いた。私はただじっとしているだけではなかった。私の目に映った父には、その人の祖国、大韓民国以外の私心は決してなかった…。過ちを正し父の汚名をそそがなくてはならないという一念で…」(2007年自叙伝)

 9歳の令嬢から22歳でファーストレディに、46歳に国会議員になり60歳で大統領になるまで、朴槿恵(パク・クネ)大統領にとり父は「私心のない祖国近代化の表象」であるだけだ。朴大統領は父に対する「歪曲」を正す「再評価」を一生の課題と思わせるような発言を何度も繰り返してきた。

 歴史学界と教育現場、市民社会の反発にもかかわらず、政府・与党が韓国史教科書国定化を押し通そうとする“動力”の中心には朴槿恵大統領がいる。セヌリ党は「歴史教科書国定化が維新回帰・政権美化・御用教科書になるという主張には根拠がない」と積極的に対抗している。だが「5・16(軍事)クーデターと維新体制は避けられない選択」であり「父は独裁者ではない」と主張するなど、朴大統領の一貫した“合理化”発言を振り返ると、「父の汚名をそそぐための娘の意志」が歴史教科書を変えようとしている憂慮を消し去ることができない。

 「5・16は救国の革命だった。5・16と維新がなかったなら大韓民国は存在できなかっただろう。国がなくなろうとしていたのに民主主義を中断させたという話がどこから出てくるのか理解できない」。朴大統領は1989年に「10年ちっ居」に終止符を打ち、約2時間の放送局とのインタビューでこう語った。父が維新独裁で長期政権をしたという指摘に対し「これから育っていく青少年にそんなふうに考えさせるのはどれほど大きな歪曲か」と生徒たちが習う歴史内容に対する不満を強く表わした。

 「父は維新憲法改正後に退き平和に過ごすことを希望した」として「18年独裁者」の政権委譲を主張したこともある。また自身が経験していない歴史的事実である父の南朝鮮労働党の経歴については「間違い」だと言い切った。

 政治家として世論の公論の場に登場した後も、その態度は大きく変わらなかった。2007年に当時のハンナラ党大統領候補選挙戦を控え出版した自叙伝『絶望は私を鍛え希望は私を動かす』では、「父が成し遂げたことを蔑み無惨に引き摺り下ろしただけでは物足りず、墓の中にいる父に対する人身攻撃は度を越していた」と歪曲と背信に対する強い敵がい心を表わにした。

 朴大統領が5・16クーデターと維新体制などに対する評価を留保したり一部反省する発言をしたのは政治的に困難な時だけだ。2012年の大統領選挙を控え人民革命党事件に関連し「二つの判決」発言を撤回したのが代表例だ。

 「朴槿恵は父を『単に父としてでなく国家と世界に対する見識を持てるようにしてくれた先輩であり師匠であり羅針盤のような存在』と話す…。彼女の歴史観や個人的価値観も当然、父性コンプレックスの影響の下に置かれるほかない」。精神科専門医のチョン・ヘシン博士は2005年に朴槿恵大統領を「永遠の少女が持つ父性コンプレックス」と分析したことがある。チョン博士は16日、ハンギョレとの通話で「当時の分析は今でも変わらない」と話した。

キム・ナムイル記者

韓国語原文入力:2015-10-19 21:37
http://www.hani.co.kr/arti/politics/bluehouse/713568.html訳Y.B

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/22268.html

보수단체들 "국정화로 좌편향 역사교과서 바로잡아야"
송고시간 | 2015/10/20 15:45

(서울=연합뉴스) 김동규 기자 = 한국자유총연맹 서울특별시지부는 20일 오후 서울 광화문 동화면세점 앞에서 기자회견을 열고 "좌편향 역사 교과서로 오도된 우리 현대사를 바로잡고 청소년에게 올바른 역사 교육을 시행해야 한다"고 밝혔다.

이들은 정부가 역사 교과서 발행 체제를 검·인정에서 국정으로 바꾸는 데 대해 적극적으로 공감한다며 "이와 관련한 소모적인 논쟁을 중단하자"고 했다.

이들은 여야 정치권이 경기불황과 청년실업, 가계부채 문제 등 현안을 쌓아두고 국정화 문제로 첨예하게 대립하며 국론을 분열시키는 현실이 개탄스럽다며 "역사 교육은 정쟁이나 이념 대립으로 양분되어서는 안 되는 사안"이라고 지적했다.

이들은 정부와 정치권, 학계가 소모적인 논쟁을 멈추고 철저한 연구와 비평, 관리를 통해 국민 절대다수가 공감하는 역사 교과서를 만드는데 최선을 다하라고 주문했다.

바른사회시민연대, 종북좌익척결단 등 보수 성향의 7개 단체는 이날 고려대와 경희대 앞에서 기자회견을 열고 단일 역사교과서에 반대성명을 낸 교수들을 규탄했다.

이들은 "교과서 국정화 반대 성명이 교수사회에 유행병처럼 번지고 있다"며 "교수들이 다양성을 강조하지만, 기초지식 없이는 다양성도 발휘될 수 없는 것"이라고 주장했다.

이들은 "성공한 대한민국의 주역인 반공우익세력을 적대시하고, 친북좌익세력을 편드는 역사관을 미래세대에게 심어주어선 안 된다"며 중고교 과정에서는 한국사에 대해 올바른 하나의 통합적인 역사관을 심어주는 것이 필요하다고 강조했다.

2015/10/20 15:45 송고

http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2015/10/20/0200000000AKR20151020146700004.HTML

구호 외치는 자유총연맹 회원들

(서울=연합뉴스) 황광모 기자 = 한국자유총연맹 서울시지부 회원들이 20일 오후 서울 광화문 빌딩 앞에서 열린 올바른 역사교육을 위한 기자회견에서 '정부의 한국사 교과서 국정화 방침 결정 찬성'과 '좌편향 교과서 퇴출'을 주장하며 구호를 외치고 있다. 2015.10.20 (끝)

[2015-10-20 14:47 송고]

http://www.yonhapnews.co.kr/photos/1990000000.html?cid=PYH20151020088900013

なので、これに対する賛否が朴槿恵さんの支持率に連動しているというのも納得です。この案件は、前回の大統領選挙当時に深まった社会的亀裂を、さらに深める方向に作用する問題となっていくでしょう。否応なく。

記事入力 : 2015/10/17 09:12
国史教科書国定化、賛成・反対いずれも42%=世論調査

朴大統領の支持率43%、国定化賛成の割合とほぼ同じ

 韓国ギャラップが16日に公表した世論調査によると、韓国政府が進める韓国史教科書国定化への賛成と反対はいずれも42%ときっ抗していた。またこの問題への賛成・反対は支持政党や世代ごとにも明らかに割れているようだ。与党セヌリ党の支持者は国定化賛成が68%と非常に多い反面、野党・新政治民主連合の支持者は国定化反対が65%と多数を占めた。年代別では20−40代では反対が半分以上で、50代と60代以上は賛成が過半数を占めた。国定教科書に対する見方は政府に対する信頼の度合いと大きく関係していることがわかる。

 今回の韓国史教科書国定化問題は朴槿恵(パク・クンヘ)大統領の支持率にも影響していることがわかった。朴大統領の支持率は1週間前の調査では47%だったが、今週に入ると国定化に賛成する割合とほぼ同じ43%に下落した。韓国ギャラップは「支持率下落の主な原因は、韓国史教科書国定化の方針を表明したことにある」とした上で「国定化の推進は朴大統領不支持の理由の中で14%と最も高い割合を占めている」と説明した。この調査は今月13−15日、全国の成人1003人を対象に携帯電話RDD(無作為の番号に電話をかける方法)によって行われた。標本誤差は、95%信頼水準でプラスマイナス3.1ポイント。

洪永林(ホン・ヨンリム)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/17/2015101700545.html

こうなってくると、国定教科書の執筆陣への参加/不参加そのものがイデオロギー的な意味を持つわけですから、政治的思惑を離れて純粋にアカデミックな立場を維持することは難しくなります。つまり、「国定教科書に執筆しない」という選択は、政治的に中立・是々非々の立場とは受け止められず、現政権に反対することとイコールになってしまいます。それは、数多い選択肢が用意された民間出版社の教科書の「どれに執筆するか」ということから示唆されるイデオロギー的立場という以上に、どぎつい政治的意味を持ってこざるを得ません。これは、国定化という措置がもたらした結果です。

<韓国歴史教科書国定化> 執筆ボイコット広がる
2015年10月15日15時43分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

高麗大と慶煕大の歴史関連学科教授全員が14日、「中・高校国史国定教科書の制作には一切参加しない」という声明書を出した。13日には延世大史学科教授13人全員が「国定制作不参加」を発表するなど、大学から国定執筆陣不参加宣言が相次いでいる。

高麗大韓国史学科の崔光植(チェ・グァンシク)教授(元文化体育部長官)を含む教授9人、史学科教授5人、歴史教育科教授4人はこの日の声明書で、「政府が政治的利害のために国定教科書制作を強行するのは容認できない。教授は国定教科書制作に関連する研究開発・執筆・修正・検討をはじめとするいかなる過程にも参加しない」と発表した。

国史学科のホ・ウン教授は「現代史研究者の一人として理念対立的思考、偏向的思考を克服するために努力してきた。しかし政府が政治的利害のために短期間内に国定教科書制作を強行するのは受け入れることができない」と述べた。

高麗大は国定教科書責任編纂機関である国史編纂委員会の金貞培(キム・ジョンベ)委員長が2005年まで韓国史学科の教授として在職していたところだ。金委員長がいた大学の後輩教授までが不参加を決めた。

ホ教授は今回の決定について「金貞培委員長と我々の教授の学縁は、今回の不参加宣言過程で全く考慮の対象ではなかった。先月、高麗大教授162人が『国定化反対』の立場を表明する時から、『もし政府が国定化を強行すれば当然、我々は国定教科書制作不参加を宣言するべきだ』という共感があった」と説明した。

慶煕大史学科教授全員(9人)もこの日、「国定化は維新時代に戻ろうという試みだ。我々は国定歴史教科書の執筆を拒否する」と発表した。教育部の国定転換発表に先立ち、ソウル大歴史関連5学科の教授34人も先月初め、教育部に「国定反対」意見書を黄祐呂(ファン・ウヨ)副首相兼教育部長官に伝えた状態であり、他の大学からも不参加宣言が出てくる可能性がある。

国史編纂委員会の執筆陣確保に困難があるだろうという懸念が現実化している。当初、金委員長は12日の記者会見で、「公募・招聘などさまざまな方法で優秀な学者を執筆陣に含める」と述べた。

国史編纂委員会は来月初めに政府の「国定教科書転換」が確定告示されれば、執筆陣の確保に入る計画だ。国史編纂委員会のチン・ジェグァン編史部長は「国史編纂委員会としては『執筆不参加』意思を明らかにした学者にも執筆をお願いして頭を下げるしかないだろう」と述べた。チン部長は「国史編纂委員会に編史研究員45人がいるだけに、この研究員を執筆・審議に多数含めることも考慮できる」と話した。

これに関し、ある大学教授は「教科書執筆陣が国定化に賛成する保守学者中心に構成されれば、国定教科書が偏向性で是非を問われることになるだろう」と述べた。

http://japanese.joins.com/article/025/207025.html

なので、朝鮮日報の社説が言いたいこともわからないではないですが、歴史学者の「執筆拒否」を責めるのはいささか筋違いだと思います。問題は、「国定化によって、歴史教科書をイデオロギー対立の焦点としてしまったこと」です。国史教育を「イデオロギー対立」から救い出したいのなら、まずは「国定化」という措置から救い出す必要があるでしょう。

実際問題、朝鮮日報も、この国定化が良策ではないことはわかっています。この政策を強行したとして、朴槿恵さんがいる間はまあ、いいでしょう。政権が意図した「成果」が、とりあえずは出るかもしれません。でも、次の大統領選挙で仮に保守/進歩間の政権交代が起きたとしたら、歴史教科書についても「攻守交代」が起きるわけですよ。いま反対している人たちだって、教科書国定化反対運動が功を奏さないとしたら、次は政権そのものを獲りに行くでしょう。朴槿恵さんにしても、そこまで責任を取ることはできません*1

歴史教育を、そんな政治の勢力争いに紐づけして、何か教育的に「いいこと」があるとは思えませんけどねえ。朴正煕さんのような(良くも悪くも)長期安定政権の頃とは、時代が違うんですから。

記事入力 : 2015/10/16 10:13
【社説】韓国史教育をイデオロギー対立から救い出せ

 韓国与党セヌリ党は15日に緊急の議員総会を開催し、当初の計画通り歴史教科書の国定化が党の公式な方針であることを確認した上で、国定化を歓迎する決議を採択した。しかし総会には所属する国会議員の半分ほどしか出席せず、また自由な討論や意見交換も行われないまま、国定化に賛成する議員だけが幾つかコメントを出すだけで終わった。現在の教科書に問題があることは認めつつも、その解決に必ずしも国定化が必要とは考えない議員もいたはずだが、彼らからは一言の意見も出なかった。

 セヌリ党はこの日、全国各地に設置した「金日成(キム・イルソン)の主体思想を子供たちが学んでいます」と書かれた横断幕をわずか1日で撤去した。「党の行動は事実に基づいていない」との指摘を受けての対応だ。これもセヌリ党が自分たちの拙速さを自ら認めた結果と言わざるを得ない。

 対する野党・新政治民主連合の文在寅(ムン・ジェイン)代表は14日、元従軍慰安婦女性たちの水曜集会に姿を現した。日本軍慰安婦問題は教科書の国定・検定問題と直接の関係はない。そのため文代表がこの席に出向いた意図は、おそらく女性たちを利用して「歴史教科書国定化は親日行為」という印象を持たせようとすることにあったのだろう。これもまさに教科書問題を政治的に利用するものに他ならない。

 歴史教科書国定化をめぐる問題は、今や韓国社会全体を「イデオロギー闘争」に巻き込もうとしている。政界、学界、教育界、市民団体など、どの分野も国定か検定かをめぐる対立に没頭しているのだ。しかしその一方で「教科書の見直しによって誤った歴史教育をいかにして正すか」という本来の趣旨はいつの間にか忘れ去られてしまった。まず政府と与党は「良い教科書を作るには国定化しかない」と主張するが、その理由について国民が納得できる説明はできておらず、ただ「国定化の強行」をひたすら叫ぶだけだ。対する野党も、国定教科書は現時点で執筆さえ行われていないにもかかわらず「国定化は親日」「維新擁護」などと無責任なレッテル貼りで国民を扇動している。

 そのような中、歴史を専攻する大学教授らが「国定教科書執筆拒否」を相次いで表明している。これも大学ごとの団体行動によって離脱者を出さないという意図が感じられる。知識人はそもそも個人として自由な活動が保証されなければならないはずだ。そのためもし執筆の依頼があった場合、自分の考えあるいは信念に基づいてこれを受け入れるか否かは個人の自由であり、集団が一つの意見を表明して個人を拘束する必要も権利もない。大学教授らの集団行動は、知識人社会の自由で多様な議論を最初から封印する恐れがあると言わざるを得ない。

 教科書国定化は法律の制定を必要とするものではないため、政府が教科書の一本化を最後まで押し通した場合、これを阻止する方法はない。しかし国民が国定化に賛成あるいは反対の意思表明をする機会が最初から閉ざされているわけではない。まず執筆者が公表されれば、それが本当に適切かどうかが議論されるだろう。また国民の多くが国定化に反対しているにもかかわらず、政府と与党がこれを押し通せば、来年4月の国会議員選挙で審判を受けるはずだ。あるいは来年末に国定教科書の素案が公表されれば、国民はその内容を見た上で意見を表明することもできるだろう。さらに計画通り2017年に国定教科書が配布されたとしても、その年の末に行われる大統領選挙で政権が交代すれば、その教科書もどうなるか分からない。

 国定化に賛成あるいは反対のいずれの立場にあっても、大韓民国が苦難の中で成就した誇り高い歴史は誰も否定できないはずだ。この歴史を若者たちに正しく伝え、国の将来を支える新たな国民として育てることこそ、歴史教育の本来の目標だ。この目標を実現するには政治家や学者、教育者が先頭に立って歴史教育をイデオロギー対立から救い出さねばならない。国定か検定かの対立にとらわれることなく、正しい歴史教育をいかに行うかをまずは頭を突き合わせて議論してほしい。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/10/16/2015101601008.html

*1:別の言い方をすれば、そこまで先のことを考えた施策だとは思えない、ということです。その意味で、場当たり的で無責任だとも言えます。