読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リイド社の広告戦略:『漫画ルポ中年童貞』と『1分間ハァハァ』第5巻

日常の事々 愛の事々

もちろん買いました。読みました。間違いなく、今年度屈指の「衝撃の一冊」です。

いえ、部分部分はチラ読みしてましたし、原作となった『ルポ中年童貞』も読んでますけど、マンガ作品としてのこの仕上がり具合は、凄まじいですね。桜壱バーゲンさんの画力、確かにこれは天才ですわ。

ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書)

ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書)

natalie.mu
netatopi.jp
news.nifty.com
nlab.itmedia.co.jp

で、ですね。

その『漫画ルポ中年童貞』の宣伝が、とんでもないところにあるのを見つけたんですよ。

『1分間ハァハァ』第5巻の、帯の見返し部分。

1分間ハァハァ 5 (SPコミックス)

1分間ハァハァ 5 (SPコミックス)

いや、あの、これ、どぉですか?

f:id:bluetears_osaka:20161004225640j:plain

これは表面ですけど、実は裏の見返しにも、『漫画ルポ中年童貞』の別バージョンの宣伝が載ってるんですよ。「まさに生き地獄」というコピーとともに。

こんなところに坂口の顔を配すとは、完全にわざとでしょう、リイド社は。併読しろと、そう言いたいわけですね。

んー。正直、中年童貞まっしぐらでもおかしくなかったように見える神谷があんなことやこんなことをしてるのは「時間停止能力」という中二病丸出しの設定のおかげです。けど、ゲスいところ満載ではあるんですが、それでも神谷はやっぱり、んな能力抜きでも中年童貞にはならない(はず)です。

otapol.jp

だったら、両者の何がどう違うのか。リイド社が投げかけてきた問いはズバリ、それですね。

まったく絵柄も内容も違う2作品を、こんな風につなげてくるとは…恐ろしい出版社です。思わず言葉を失います。

f:id:bluetears_osaka:20161004232819j:plain
f:id:bluetears_osaka:20161004232657j:plain

あ、しまった。中年童貞も神谷も出てないカットを…。