読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【高校野球】稚内大谷と洛星、21世紀枠に届くか

稚内大谷は北海道ベスト4、洛星は京都ベスト8ですから、推薦される資格はクリアしています。敗退した試合はともに完封負けながら大敗は回避、相手はその後、優勝に手が届かず敗退、という状況がよく似ています。ついでに言えば、その相手が敗れた相手、札幌第一と東山はそれぞれ最近に稚内大谷や洛星と1点差の接戦を演じた学校、という…。

www.youtube.com
www.youtube.com

札幌日大龍谷大平安の甲子園出場の可能性もまだゼロではありませんが、稚内大谷と洛星についても、21世紀枠の可能性は十分に考えられる状況ですね。都道府県の推薦から地区の推薦、そして出場校の決定まで、ハードルはいくつもありますが、さて、どうなるか。

www.fanxfan.jp

札日大高6―0稚内大谷 完封リレーで快勝
10/08 08:00

 札日大高が完封リレーで快勝した。先発福内は打たせて取る投球で6回2安打無失点。2番手石井も3回4奪三振と好投した。打線は一回、3長短打などで2点を先制。以降も三回の品田のソロなどで加点した。稚内大谷はエース正岡が7四死球と制球に苦しんだ。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/school-baseball/school-baseball/1-0324789-s.html

札第一、経験の連覇 秋の全道高校野球
10/09 07:00

 8日、札幌円山球場で決勝を行い、札第一(札幌支部)が札日大高(札幌支部)を8―2で下し、2年連続2度目の優勝を果たした。来春の選抜大会(甲子園)への出場をほぼ確実にし、出場が決まれば春夏合わせて5度目の甲子園となる。札第一は一回に高階の2点二塁打で先制すると、その後も好機を生かして着実に加点、先発の前田を援護した。札日大高は打線が振るわなかった上、投手陣も計10四死球と乱れ、試合の流れをつかめなかった。札第一は全国10地区の秋季大会優勝校による明治神宮大会(11月11日開幕・東京)に出場する。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/sports/school-baseball/school-baseball/1-0325148.html

洛星野球部(中学校・高等学校・OB会)

東山、龍谷大平安が4強 秋季高校野球京都大会

f:id:bluetears_osaka:20161009105405j:plain
東山―福知山成美 1失点完投した東山のエース金和(わかさスタジアム京都

 秋季高校野球京都大会は1日、わかさスタジアム京都で準々決勝2試合を行った。東山が7-1で今夏の京都大会準優勝の福知山成美に快勝し、7年ぶりの準決勝に進んだ。龍谷大平安は5-0で洛星に完封勝ちし、5年連続の4強入り。

 東山は0-1の三回無死一塁から田中の2点本塁打で逆転し、中盤、終盤も着実に加点した。先発金和が1失点完投した。龍谷大平安は二回無死満塁から金本が先制の3点二塁打を放ち、七回にも岡田の右前適時打などで2点を加えた。

【 2016年10月01日 22時00分 】

http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20161001000122

東山、京都翔英が決勝進出 秋季京都府高校野球大会

f:id:bluetears_osaka:20161009105546j:plain
東山-龍谷大平安 1回表東山無死一塁、宮口が左前に適時二塁打を放ち先制する(わかさスタジアム京都

 秋季京都府高校野球大会は8日、わかさスタジアム京都で準決勝2試合を行った。東山が4-1で4連覇を狙った龍谷大平安に快勝し、今夏の甲子園に出場した京都翔英は3-2で乙訓に競り勝った。決勝進出の2校は22日に和歌山市紀三井寺野球場で開幕する近畿大会出場を決めた。

 東山は初回に宮口の適時二塁打などで2点を先制。七回も増田、長谷川の連続適時打で2点を加えた。先発金和が1失点完投した。

 京都翔英は1点を追う二回、内橋の適時内野安打などで2点を奪って逆転した。八回に1点差に迫られたが逃げ切った。

 決勝は9日正午から、3位決定戦は午前9時半から、わかさスタジアムで行う。3位までが近畿大会に出場する。

【 2016年10月08日 23時15分 】

http://www.kyoto-np.co.jp/sports/article/20161008000107


追記:そしてここでさらに、大阪公立高の名門・旧制府立一中の北野が21世紀枠争いに参入ですか…。近畿の21世紀枠の推薦は、熾烈な争いになりそうです。

2016.10.8
進学校の北野、大阪桐蔭に屈するも21世紀枠の選出候補基準を満たす

f:id:bluetears_osaka:20161009172615j:plain
大阪大会8強進出の原動力となった北野・牧野=舞洲

 「秋季高校野球大阪大会・準々決勝、大阪桐蔭7-0北野」(8日、舞洲ベースボールスタジアム

 1957年夏以来、59年ぶりとなる大阪4強を目指した北野は、大阪桐蔭に七回コールドで敗れた。小谷内和宏監督(29)は「(大阪桐蔭と)対戦したのは初めてです。牧野は初回から向かっていってくれた」とエースをたたえた。

 相手は全国屈指の名門。シートノックの段階からチームには緊張した様子が見て取れた。そのため「試合前に冗談を言って、何とか緊張をほぐしてからゲームに入ろうと」と指揮官。中盤までは2-0の接戦に持ち込んだが、五回以降につかまってしまった。それでもエース・牧野斗威(とうい)投手(2年)について「この1カ月でグッと成長してくれた」と目を細める。

 牧野は腕の振りが力強く、130キロ台の直球とスライダーを駆使して大阪桐蔭打線を手こずらせた。最終的には地力の差で点差が開いたものの、三回、四回と2イニング連続で三者凡退に抑えた。

 北野は大阪でも屈指の進学校。橋下徹大阪市長など、政界、財界など各分野に多くの人材を輩出している。グラウンドは各部活動で割り当てが決まっており、野球部が全面を使えるのは木曜日しかない。

 それでも工夫を重ね「全部を言わず、なるべく選手たちで考えさせるようにしている」と小谷内監督。平日は2時間半しか練習時間が取れない中、文武両道で大阪大会の8強まで進出してきた。勝ち進むに連れて周囲から励ましの声が入るようになり「OB会の方々には普段からアドバイスをもらっている。サッカー部もきょうは応援に来てくれました。みなさんに支えてもらっている」と明かす。

 来春センバツに向け、大阪でベスト8に進出したことで21世紀枠の選出候補に入る基準を満たした。「周りからは言われますけど、21世紀枠とかは考えずにやっていきます。そこまでの実力もないので」と語った指揮官。1949年のセンバツでは優勝した実績を持つ北野。半世紀ぶりの聖地へ、秀才軍団に春の吉報は届くか-。

http://www.daily.co.jp/baseball/2016/10/08/0009565016.shtml