読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「中日ビル」建て替えへ

気になるニュース 日常の事々

数日前に見かけたこのニュース。私の知ってる「中日ビル」とは、どうも違うようなのです。

f:id:bluetears_osaka:20161011125913j:plain

建て替え計画が出てもおかしくないなと思っていたので、自分としては納得していたのですが…。

焼肉レストラン 本家とらちゃん

名古屋の中日ビル建て替えへ 劇場は18年春に閉鎖
大隈悠、小林裕子 2016年9月29日05時07分

f:id:bluetears_osaka:20161011210604j:plain
建て替えが決まった中日ビル=28日、名古屋市中区栄、戸村登撮影

 名古屋・栄地区のシンボル、中部日本ビルディングが老朽化のため2019年春以降に建て替えられ、中日劇場は18年春に閉まることになった。中日新聞社が28日発表した。かつて「名古屋三座」に数えられた劇場は半世紀で幕をおろす。

 中日ビルは1966年開業。地下4階、地上12階で延べ床面積は8・4万平方メートル。オフィスやビアガーデン、飲食店もあり、約180のテナントが入る。

 営業を続けるにも耐震補強の費用がかさむことが分かり、建て替えを決断。19年3月末で閉じ、2020年代半ばの新ビル完成をめざす。その中身は17年秋をめどに詰める。中日新聞の水野和伸専務は「ホテルの誘致も含め、あらゆる可能性を検討する」と述べた。

 ビルと同時に開いた中日劇場は座席数1420。昨春閉まった名駅地区の名鉄ホール、伏見地区で建て替え中の御園座と並び「名古屋三座」と言われたが、赤字が続いた。水野氏は「断腸の思い」と述べ、替わりにライブなどができる施設を設ける方向という。

 中日劇場が閉まる直後の18年4月には経営再建中の御園座が新劇場を開く。御園座には中日新聞名古屋鉄道も出資しており、「三座」は一本化される形だ。

 中日劇場の舞台に92年から立つ俳優の熊谷真実さんは「お客さんをとても近くに感じる劇場。職を失うような感じです」。一方、かつて中日ビルの衣料品店で働いていた名古屋市の40代女性は「文化と買い物が楽しめる栄の魅力を受け継いでほしい」と話した。(大隈悠、小林裕子)

f:id:bluetears_osaka:20161011210803j:plain
建て替えが決まった中日ビル1階エントランスホール。天井がモザイクタイルで彩られている=28日、名古屋市中区栄、戸村登撮影

f:id:bluetears_osaka:20161011210929j:plain
閉館することが決まった中日劇場の内部=28日、名古屋市中区栄、戸村登撮影

http://www.asahi.com/articles/ASJ9X5JLCJ9XOIPE01L.html