読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【大邱の風景】寿城池・その1:寿城池駅から寿城ランドまで

日常の事々

大邱のお話の続き。西門市場の次になります。

【大邱の風景】西門市場の火災跡を見る。 - 大塚愛と死の哲学

西門市場をぐるっと見学し終わって、ようやく都市鉄道3号線に乗ります。ここで使えたのは旧タイプのT-Moneyカード。他は反応してくれませんでした。

f:id:bluetears_osaka:20170103115730j:plain

西門市場駅から乗って、降り立ったのは寿城池(수성못)駅。こちらへのアクセスは、3号線の開通で非常によくなりました。

f:id:bluetears_osaka:20170103115949j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170206101303j:plain

寿城池と言えば、過去にこちらの記事を書いています。ここに来たのはもちろん、駅名にもなっている寿城池の見学と水崎林太郎の墓参とが目的です。

大邱・寿城池と水崎林太郎 - 大塚愛と死の哲学

寿城池 - Wikipedia
ameblo.jp
www.youtube.com

寿城池駅から寿城池に行くには、改札を出て地上に降りた後、駅の反対側にUターンして大きな道路を渡ります。渡ったところはもう、池を囲む公園になっています。

f:id:bluetears_osaka:20170103120334j:plain

その先に、池はあります。

f:id:bluetears_osaka:20170103120854j:plain

おお、思ったより開けたところなんやな。空が広々としていて気持ちいいー。

f:id:bluetears_osaka:20170103120931j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170103121007j:plain

駅側から見ると、向かい側には低い山並みが見え、こちら側は低地で池を作る堤がずっと伸びています。その上は広くて平坦な散歩道になっています。散歩道は対岸にも繋がっていて、気軽に一周できるようになっています。

f:id:bluetears_osaka:20170103121828j:plain

堤防側にポツンとあって目を惹くのは、ここが人工の貯水池であることを示す取水塔です。1925年に設置されたものが2000年まで使われていたそうです。

f:id:bluetears_osaka:20170103121535j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170103121559j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170103121606j:plain

この取水塔に行くには、池の入り口から反時計回りに歩くことになります。堤防上の散歩道をそのまま進んで、いちばん奥まで行くと、なかなか年季の入った夢の国が見えてきます。

f:id:bluetears_osaka:20170103122052j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170103122135j:plain

こういう風情ある渋めの遊園地も、最近は少なくなりました。寿城ランド、今回は立ち寄る暇はありませんでしたが、次の機会には何か乗り物に乗りに行こうと思います。

suseongland.co.kr
japanese.visitkorea.or.kr
tour.daegu.go.kr

www.youtube.com

ここまで来てほぼ半周です。残る後半、山側については、また改めて。

f:id:bluetears_osaka:20170103122153j:plain