読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のガンバ大阪、ACLの1次リーグ初戦を2年ぶりの白星で飾る。

気になるニュース

昨年、1次リーグを戦いきっても手に入らなかった白星を、初戦のしかもアウェイ快勝で飾れたなんてことは、ガンバ大阪ACL戦歴の中でもちょっと記憶にないのですが…。

www.youtube.com

中国語のニュースと動画が目に入ったので、こっちもクリップしときましょうかね。これ、つまり、中国以外のクラブの動向もきっちりチェックして記事にされている、ということですよ。

亚冠综述:钢巴3-0阿德莱德 日本球队强势起步
2017-02-22 20:00:52 来源:搜狐体育 作者:卓奥友

  北京时间2月22日,2017赛季亚洲冠军联赛继续展开小组赛首轮争夺。阿德莱德联队主场0-3完败于大阪钢巴队脚下,这意味着澳超球队在亚冠首轮中的总战绩为3战1平2负零进球却丢7球;另一支J联赛球队川崎前锋则在主场1-1与水原三星握手言和,他们也成为首轮唯一一支未能取胜的日本球队,J联赛球队以3胜1平进10球仅失1球的战绩在新赛季亚冠联赛中强势起步。值得一提的是,今天两场比赛各出现了一个乌龙球。

  G组:川崎前锋1-1水原三星

  第10分钟,中村宪刚在大禁区左侧垫传门前,小林悠抢在申和容之前近距离用胸部将球挡入球门助川崎前锋队1-0领先。第23分钟,廉基勋左肋前插后回敲中路,车屋绅太郎勉强解围,结果皮球打在正要回防补位的谷口彰悟脚上然后弹入网窝,水原三星队依靠对方的乌龙送礼将比分扳为1-1平。此后,双方都错过几次得分机会,尤其是川崎前锋门将郑成龙数次做出关键性扑救。最终,川崎前锋队与水原三星队1-1握手言和各取一分。同组另一场比赛广州恒大主场与香港东方将于20点开战。

  川崎前锋队:1-郑成龙;7-车屋绅太郎、5-谷口彰悟、29-菲茨杰拉德、41-家长昭博(85’22-莱纳);21-爱德华多、14-中村宪刚;10-大岛僚太(83’13-三好康见)、6-田坂佑介、8-阿部浩之(72’3-奈良龙树);11-小林悠

  水原三星队:1-申和容;32-张镐翼、15-具滋龙940-李正秀、3-梁相珉;4-李容来;11-金民友、16-李宗成(83’17-金钟佑)、26-廉基勋;10-桑托斯(75’9-朴基栋)、7-乔纳森

  H组:阿德莱德联0-3大阪钢巴

  比赛开始后,大阪钢巴队队便反客为主,无论控球率还是射门次数都比阿德莱德联队更强。第12分钟,主队的金在成因侵犯仓田秋被黄牌警告。第21分钟,吴宰硕右路横传,长沢骏9米处高高跃起力压防守球员强力头槌破门助大阪钢巴队1-0领先,这位身高1米91的高中锋在最近4场俱乐部赛事中已经打进3球。第39分钟,阿德莱德联队终于完成了首次射门,加鲁西奥的低射被东口顺昭用脚挡出。

  上半场补时阶段,大阪钢巴队打出快速反击,阿德米尔松左路低传,皮球被豪尔用手一挡变线,井手口阳介大禁区右侧劲射,皮球打在埃尔里希臀部弹出,今野泰幸点球点前右脚抽射将球送入球门左上角,大阪钢巴队2-0领先。第81分钟,远藤保仁前场右侧任意球开到禁区内找三浦弦太,豪尔贸然出击却没能碰到皮球,球碰麦高文后弹入球网,大阪钢巴队依靠对方送出的乌龙大礼将优势扩大到三球。最终,大阪钢巴客场3-0大胜阿德莱德联,继资格赛3-0击败柔佛州队后再次以净胜三球且零封对手的方式收场。阿德莱德联队则遭遇跨赛季的亚冠三连败。同组另一场比赛济州联与江苏FC的比赛已经在19点开踢。(卓奥友)

  阿德莱德联队:20-豪尔;21-埃尔里希、5-雷根、4-麦高文、2-马罗内(65’9-迪亚瓦拉);24-奥道尔蒂(89’12-奥基昂)、7-金在成、18-麦克格里;19-加鲁西奥、11-希里奥、17-米鲁斯尼奇(81’16-马卡鲁纳斯)

  大阪钢巴队:1-东口顺昭;4-藤春广辉、2-三浦弦太、3-阿吉亚尔、22-吴宰硕;8-井手口阳介、15-今野泰幸(85’35-初濑亮);9-阿德米尔松(90’37-高木彰人)、7-远藤保仁、10-仓田秋;20-长沢骏(80’38-堂安律)。

http://sports.sohu.com/20170222/n481450728.shtml

日本語はこっちです。

G大阪敵地3発、08年戴冠の地で王座奪還へ好発進
[2017年2月23日7時39分 紙面から]

f:id:bluetears_osaka:20170223085102j:plain
前半終了間際、ゴールを決め、ファビオ(右)に抱きつくG大阪MF今野(共同)

<ACL:アデレード0-3G大阪>◇1次リーグH組◇22日◇アデレード

 3年連続9度目の出場のガンバ大阪が敵地で快勝発進した。アデレード(オーストラリア)に3-0で勝利。前半21分、FW長沢駿(28)が頭で先制点を挙げると、前半ロスタイムにMF今野、後半36分にオウンゴールで追加点。3-0で勝利したプレーオフ(7日)に続き、地力を見せた。08年にアジア王者となったアデレードの地で9年ぶりの王者返り咲きへ、好スタートを切った。

 G大阪が思い出のスタジアムで勝った。前半21分、頭で先制したFW長沢は「難しい試合だったが先制点を取れて良かった」。攻撃の手は緩めず、3発で昨季のAリーグ王者を圧倒した。

 9年ぶりのアジア制覇へ万全の態勢をとった。昨年は1次リーグ2分け4敗で屈辱の未勝利敗退。要因の1つは「重くて飛ばない」(長谷川監督)というACLで使用するナイキ製のボールだった。今季は反省を生かして1月15日の始動から、Jリーグで使用するアディダス製のボールを使わず「ACLボール」だけを蹴ってきた。入念な準備で本大会では15年9月16日全北(韓国)戦以来9試合ぶりの勝利をつかんだ。

 08年の決勝カードだった。9年前はG大阪がアデレードの地で頂点に立った。当時を知るMF遠藤は「スタジアムの雰囲気が変わっていなくて懐かしい感じがした」。指揮官は「縁起のいい土地でいいスタートが切れたことはとてもうれしい。ACLでもう1度優勝したい気持ちはどのチームよりも強い」と断言した。今日23日に帰国し、中3日でヴァンフォーレ甲府とのJ1開幕戦、3月1日にはACL済州戦が待つ。王座奪還へG大阪は思い出の地から加速する。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1782762.html

G大阪、交代枠3人は全員が東京五輪世代 ACL
[2017年2月22日21時9分]

<ACL:アデレード0-3G大阪>◇1次リーグH組◇22日◇アデレード

 ガンバ大阪長谷川健太監督(51)がアデレード(オーストラリア)戦で交代枠の3人を東京五輪世代で使った。

 3-0でリードした後半35分、1人目の交代枠はFW長沢に代えてMF堂安律(18)を投入。続く同40分はMF今野からDF初瀬亮(19)に、同45分にFWアデミウソンを下げて、FW高木彰人(19)を送り出した。高木はACLデビューとなった。

 東京五輪世代のエース候補堂安は無得点に終わったが、ユース所属時代に公式戦デビューした15年5月27日のFCソウル(韓国)戦から3年連続でACL本大会に出場。U-19日本代表招集歴がある高木は16歳8カ月12日で14年4月16日にカップ戦デビューした以来の公式戦出場となった。サイドバックが本職の初瀬は今季3ボランチの左としても期待されており、アジアの舞台で経験を積んだ。

 遠征にはこの日はベンチ外となったが、昨年アジア選手権でU-19日本代表として優勝に貢献したMF市丸瑞希(19)も同行。今年5月に開催され東京五輪世代が参加するU-20W杯メンバー入りへ、G大阪下部組織出身の若手の活躍が目立ってきた。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1782672.html

アデレード監督「とても強くて驚いた」G大阪に脱帽
[2017年2月22日22時51分]

<ACL:アデレード0-3G大阪>◇1次リーグH組◇22日◇アデレード

 オーストラリアAリーグ昨季王者、アデレードはホームで完敗。アモール監督は「ガンバ大阪はリーグ戦が始まっていないにもかかわらず、とても強くて驚いた」と脱帽するしかなかった。

 今季Aリーグでは最下位に沈む。この日は攻勢を強めた時間帯で得点できず、前掛かりになって前半終了間際に失点。現役時代にバルセロナ(スペイン)やスペイン代表で活躍した指揮官は手痛い敗戦を「経験を積む大きなチャンスだった」と受け止めた。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1782725.html

これで東アジアの各組1次リーグ初戦が終わったことになります。ま、まだ1試合やっただけでどうこう言っても仕方ありませんが、日中韓のクラブチームの結果については韓国のOSENがよくまとまった記事を出してくれています。

'한중일 삼국지' ACL 1R, K리그 무승-1자책득점 5실점
OSEN 입력 : 2017.02.23 08:13

f:id:bluetears_osaka:20170223090338j:plain

[OSEN=우충원 기자] 아시아축구연맹(AFC) 챔피언스리그의 막이 올랐다. 한중일 동북아 3개국의 6개팀은 첫번째서 의외의 결과를 얻었다.

한국은 지난해 K리그 클래식 챔피언 FC 서울을 비롯해 제주 유나이티드, 울산 현대 그리고 FA컵 우승팀 자격으로 수원 삼성이 참가했다.

전북 현대가 AFC 징계로 갑작스럽게 참가한 울산이 가장 먼저 스타트를 끊었다. 하지만 조별리그 첫번째 결과는 좋지 않았다.

▲ K리그 - 1무 3패 1자책득점-5실점

첫번째 경기를 펼친 울산은 플레이오프서 키치SC(홍콩)와 승부차기 접전 끝에 가까스로 조별리그에 진출했다.

그러나 울산은 일본 원정서 가시마 앤틀러스와 E조 1차전서 0-2로 패했다. 대등한 경기를 펼쳤지만 전북에서 이적한 권순태가 지킨 가시마의 골문을 열지 못했다.

FC 서울은 상하이 상강과 홈 경기서 0-1로 패했다. 후반 7분 상하이 상강의 스트라이커 헐크의 캐넌슈팅 하나에 무너졌다. 울산과 비슷했다. 경기 내내 대등한 플레이를 펼쳤지만 마무리가 안됐다.

22일 열린 경기서도 K리그는 승리를 챙기지 못했다. 2011년 이후 이후 6년 만에 ACL 무대에 복귀한 제주는 첫 경기에서 압도적인 경기력을 보였지만 골 결정력과 뒷심 부족에 울어야 했다.

최용수 감독과 테세이라, 하미레스, 마르티네스 등 세계적인 선수들이 버틴 장쑤에 0-1로 패했다. 홈 이점을 살려 압도적인 경기력을 보였지만 후반 종료 직전 터진 하미레스의 결승골로 무너졌다.

수원은 일본 가와사키 프론탈레와 원정경기서 1-1 무승부를 기록했다. 유일하게 1라운드서 승점을 챙겼다. 전반 11분 고바야시 유에게 선제골을 내줬지만 전반 23분 상대 수비수 다니구치 쇼고의 자책골을 앞세워 무승부를 기록했다.

▲ J리그 - 3승 1무 10득점-1자책실점

J리그는 첫 라운드를 성공적으로 마무리했다. 다득점을 기록하면서 위력적인 공격을 선보인 팀들이 나왔다. 울산-수원을 상대로 가시마와 가와사키가 승리와 무승부를 기록했다.

J리그 팀들은 호주 원정서 폭발적인 득점력을 선보였다. 우선 감바 오사카는 애들레이드 유나이티드 원정 경기서 3-0의 완승을 챙겼다. 감바는 나가사와라 곤노 그리고 맥고완이 골맛을 보며 완승을 챙겼다.

우라와 레즈는 웨스턴 시드니 원정서 4골을 몰아치며 4-0의 승리를 챙겼다. 우라와 소속의 이충성은 후반 13분 팀의 2번째 골을 기록했다. 우라와는 웨스턴 시드니를 상대로 후반에만 4골을 기록했다. K리그 팀들이 호주에서 어려움을 겪었지만 J리그 팀들은 완전히 다른 모습을 선보였다.

▲ 中 슈퍼리그 - 3승 7득점-무실점

3개팀이 출전한 중국 슈퍼리그는 K리그 클래식 팀들과 대결을 펼친 상하이 상강과 장쑤 쑤닝이 각각 1-0의 승리를 챙겼다. 부담스러운 원정서 기대한 결과를 얻고 돌아갔다.

홍콩 원정을 떠난 광저우 에버그란데는 7골을 몰아치며 7-0의 완승을 챙겼다. 전반 4분만에 굴라트가 페널티킥으로 선제골을 터트렸고 랴오 리쉥이 2골을 몰아쳤다. 그리고 파울리뉴도 골맛을 보면서 대승을 챙겼다. 홍콩과는 격차가 크다는 것을 확실하게 증명했다.

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/02/23/2017022300367.html