読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朴槿恵政権は将来どのように振り返られるのか。

気になるニュース 韓国

毎日新聞の澤田さんのこの記事。

wedge.ismedia.jp

f:id:bluetears_osaka:20170316131618j:plain

朴槿恵前大統領の弾劾からの罷免について書かれたものですが、目に留まったのはここのところ。

選挙集会で叫ばれた「朴正煕!」

 5年前の大統領選を取材していた時、朴槿恵氏の選挙集会に集まった高齢者が「朴正煕!」と叫んでいるのを見て驚かされた。朴正煕は民主化運動を弾圧した独裁者だが、一般の国民にとっては高度経済成長を成し遂げてくれた恩人でもある。朝鮮戦争直後に世界最貧国レベルだった韓国に現在の繁栄をもたらした点で、朴正煕の功績は極めて大きい。私の友人は数年前、70代の父親に「いまの韓国の発展ぶりをどう思うか」と聞いたという。その時に返ってきた答えは「夢みたいだ」だったそうだ。

 貧しいけれど希望があった朴正煕時代は、日本で言えば「ALWAYS三丁目の夕日」で描かれた時代のようなイメージである。朴正煕が殺害されて突然終わりを迎えただけに、きれいな記憶ばかりが思い出されるという面もあるだろう。その時代を生きた多くの人は、娘に朴正煕を重ね、熱狂的な支持を送ったのである。

 一方で、豊かな生活を享受する現代の若者たちは閉塞感にさいなまれている。1997年の通貨危機を脱するために始まった新自由主義的な経済政策の下で常に競争を強いられ、格差は拡大する一方だ。正社員と非正規雇用の待遇格差は日本とは比べものにならないほど大きい。それに正社員になれたとしても、何年も働けるわけではない。社内での激しい競争にさらされ、大手企業での平均勤続年数は12年にすぎない(韓国の就職情報サイト「サラムイン」が昨年発表した売上高上位100社調査)。

社会の分断を深刻化させた強権政治

 朴槿恵氏も5年前の大統領選では格差や福祉問題を前面に打ち出し、分断された社会の再統合を訴えた。だが、実際の政権運営父親譲りの強権ぶりで、反対派の声には一切耳を傾けようとしなかった。反対勢力は力で押しつぶし、側近でも意に沿わない言動があれば容赦なく切り捨てた。韓国では朴正煕が独裁色を強めた70年代のことを「維新時代」と呼ぶのだが、朴槿恵政権下では「維新時代でもあるまいし」という言葉がよく聞かれた。

 一方で、経済政策などは全くといっていいほど実績を残せなかった。政策を立案しても、野党の抵抗で実現できなかったのである。韓国の大統領は「帝王的」とも称されるが、それでも政策実現のためには国会の協力が必須となる。朴氏のスタイルで野党から協力を得るなど、とうてい不可能なことだった。父親の時代とは環境が違うのに、朴氏は父の影を追うことしかできなかった。

 結局、もともと深刻だった社会の分断は朴政権下でより深刻化した。朴氏に対する逆風が猛烈なものとなった背景には、こうした政権運営に対する怒りも大きかった。疑惑が発覚した際にきちんと謝罪し、説明を尽くそうとする態度を見せていれば、こんなことにはならなかったのではないか。そう言われることもあるが、朴槿恵という人物にそうした対応を求めることは無理だったのだろう。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9108?page=3

経済面では実績を残せなかったというのはその通りだと私も思うんですけど、じゃあその他でどのような「実績」があったか?というと、これがあまり思いつかないわけで。

THAAD?慰安婦合意?歴史教科書?

いやー、「どれだけ記憶されるか」という点において、たぶん「セウォル号」「崔順実」を上回ることはないわー。

記事入力 : 2017/03/11 09:19
【萬物相】「朴槿恵時代」とは何だったのか

 記者は今回の問題が政治的に解決されることを願っていた。朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領がいる大統領府を3年2カ月にわたり担当してきた記者として、彼女が罷免されるのは見たくなかった。しかし弾劾訴追案の国会での可決から憲法裁判所の宣告が下されるまではまさに一直線だった。38年前に父の葬儀を終えた直後、ソウル市中区新堂洞の自宅に戻った当時の朴前大統領は幼い弟と妹を連れていたが、今回、江南区三成洞の自宅に帰る時には誰が付き添ってくれるだろうか。

 その後、朴前大統領は故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の長女という政治的遺産に「原則と信頼」というイメージをプラスし、保守を代表する政治家に成長した。初の女性大統領として当選した時は、1987年に大統領直接選挙が行われるようになってからはじめて得票率が50%を上回った。もちろん政治家「朴槿恵」が1日やそこらで生まれたわけではない。1998年に政界に進出してからも数々の試練に直面し、つらい思いも経験しただろうが、後に自らの努力で大統領にまで上り詰めた。しかし今やその実績はほぼ崩壊してしまった。

 朴槿恵政権は「経済の復興」「国民の光復」「文化隆盛」「平和統一基盤の造成」という4つのスローガンを掲げて発足した。しかし1年目から人事の失敗、国家情報院が大統領選挙に介入したことによる正当性の疑問視といった問題に苦しめられた。2年目は経済革新3カ年計画に加え労働、金融、公共事業、教育の各分野における4大改革に取り組んだが、旅客船セウォル号」沈没事件と秘線(陰の実力者の意)に関する文書流出問題でつまづいた。野党は何らかの見返りがなければ法案の採決にも応じなくなった。そのため朴前大統領は政策をスムーズに実行できなくなり、これを繰り返し野党にせいにするようになった。

 朴前大統領は昨年9月、中国の習近平国家主席と会談した際「(私の)小さな肩に5000万人の国民の命と安全を守る大きな使命がある」と述べた。米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反対する習主席に対し、THAAD配備が避けられない選択であることを直接説明した。その数カ月前には北朝鮮朝鮮労働党金正恩キム・ジョンウン)委員長が4回目の核実験を強行したことを受け、開城工業団地を閉鎖する措置をとった。たしかに朴前大統領の肩は小さく弱々しく見える。握手すると力強さは全く感じられない。しかし極左政党・統合進歩党解散、全国教職員労働組合(全教組)に対する「法外組合」指定、韓日慰安婦合意、歴史教科書、自らに同調しない非朴派議員への仕打ちなど、時に激しい反発を受け、大きく問題視されたような決定も力で押し通した。何かにおびえていたのだろうか。周りで支えるスタッフたちは、自分の考えはあっても最初からあきらめていた。そのため多くのスタッフが早くから大統領府を去った。

 「崔順実(チェ・スンシル)被告さえいなければ」という悔いが残る。記者も崔被告が大統領府に出入りしているという話はかなり以前から聞いていた。いわゆる「3人衆」に何度も問いただしたが、彼らは「警備員がいるから」などと言っては崔被告の出入りを認めなかった。記者は「もし事実なら切るべきだ」と何度も忠告したが、朴前大統領にその考えはなかった。崔被告とその家族との40年以上にわたる関係は、最終的に朴前大統領にとって桎梏(しっこく)となってしまった。後に歴史家は「朴槿恵時代」をどう評価し記録するだろうか。

崔宰赫(チェ・ジェヒョク)論説委員

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/11/2017031100451.html

とりあえず、青瓦台のわんこには「災難やねえ」としか声をかけられません。ウチ、動物飼えへんからなあ…。

靑, ‘박근혜 진돗개’ 9마리 분양키로
뉴시스 입력 2017-03-13 17:51:00 수정 2017-03-13 17:55:35

f:id:bluetears_osaka:20170316132255j:plain

박근혜 전 대통령의 파면으로 관저에 남겨진 진돗개 9마리와 관련해 청와대가 13일 분양을 추진하기로 했다.

청와대 관계자는 이날 오후 기자들과 만난 자리에서 “진돗개 혈통을 보존할 수 있게 분양 방법을 찾고 있다”며 “분양신청을 공고로 받는 등의 방법을 모색 중”이라고 밝혔다.

앞서 박 전 대통령은 2013년 2월25일 제18대 대통령 취임을 위해 서울 강남구 삼성동 사저를 떠나면서 지역주민으로부터 암수 한 쌍의 진돗개를 선물받았다. 이름은 새롬이, 희망이로 지었다.

박 전 대통령이 청와대 관저에서 키우던 2마리의 진돗개는 2015년 5마리의 새끼를 낳았다. 박 전 대통령은 페이스북을 통해 강아지들의 이름을 공모해 ‘평화’, ‘통일’, ‘금강’, ‘한라’, ‘백두’란 이름을 붙여줬다.

이후 다섯 마리의 강아지들은 일반에 분양됐는데 최근 새롬이와 희망이가 다시 7마리의 새끼를 낳아 진돗개 가족은 총 9마리로 늘었다. 박 전 대통령은 전날 삼성동 사저로 거처를 옮겼지만 진돗개들은 데려가지 않았다.

그러자 이날 동물보호단체 ‘케어’는 “박 전 대통령이 직접 입양하고 번식했던 진돗개들을 입양하고 싶다는 의사를 피력했다.

【서울=뉴시스】

http://bizn.donga.com/health/Main/3/all/20170313/83305430/2