読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKのニュース:桑子おねえさんは、それでいいんです。

ブラタモリ」をきっかけに全国区でブレークした桑子真帆アナウンサーですけど。

f:id:bluetears_osaka:20170412113524j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170412111729j:plain

もともと最初に桑子アナをお見かけしたのは、まさしくこの「ケータイ大喜利」でした。

それはもう、史上稀に見る衝撃的な1年目のデビューでした…。何と表現したらいいのか、これでもかこれでもかというくらいに、噛んで噛んで噛んで噛み倒してましたよ。MCの3人さんがいじるどころか、見るに見かねて「ガンバレー!」と声援を送るほどでした。

私も、観ててあんなにハラハラしたケータイ大喜利は、他に記憶ないです。

f:id:bluetears_osaka:20170412112220j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170412112226j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170412120549j:plain

その桑子おねえさんを起用するのですから、それは噛み癖とか何とかといったところをあげつらう減点法では計り知れない部分に目を付けていかないと、NHKの意図するところは理解できないでしょう。とりあえず、少なくとも私は支持しています。はい。

桑子アナの相づちにも意図 「ニュースウオッチ9」の変化
2017年4月11日

f:id:bluetears_osaka:20170216151259j:plain
2人の距離感にも注目(C)日刊ゲンダイ

 今や老若男女を問わず大人気の桑子真帆アナ(29)を起用したNHKの看板ニュース番組「ニュースウオッチ9」。経済部出身のキャスター、有馬嘉男(51)とともに「ニュースチェック11」から2時間前倒しのスライド人事となったが、今月3日の放送初日から3日間の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は、3日(10.3%)、4日(7.8%)、5日(10.1%)。前任の鈴木奈穂子&河野憲治コンビでも13%台をマークしていたことを考えれば、やや物足りない船出となった。

 もっとも、話題はつきない。新キャスター発表会見で「『ザ・NHK』というシャキッとしたイメージにはならないと思います」(桑子)と宣言した通り、お堅いNHKらしからぬ演出が随所に施されている。スタジオのセットは、ペンギンのマトリョーシカや土瓶の置物、カメラ、アロマキャンドル、観葉植物などが点在し、SNS上では「誰かの家?」「可愛らしい」「ゴチャゴチャしている」と賛否を呼んでいる。

 ちなみに、コンセプトは両キャスターの共通の仕事場で、「2人が思い思いに好きなものを持ち込み、後ろの棚に飾っているイメージ。番組と2人に親しみを感じてもらいながら、ニュースをしっかりと深掘りして伝えていきたい」(NHK広報)。番組の基本コンセプトに〈わかったふりをしない〉〈そもそもを知りたい〉を掲げ、これまで以上に2人のやりとりを強化。座り方も心なしか密接している気がするが、やはり意図的で「以前より近い距離にしている」(同)という。

■報道解説番組へ舵

 専門家はどう見たか。上智大教授の碓井広義氏(メディア文化論)は、「ニュース番組からニュース解説番組への変化を感じさせた」とこう続ける。

「これまでは一日の出来事を次から次へと“総ざらい”で伝えるスタンダードな報道番組でしたが、新生『ニュースウオッチ9』は打って変わって、桑子・有馬コンビが11時台で完成、成功させたスタイルを踏襲し、スタジオ内の会話も解説の要素を強めた印象を持ちました。丁寧に深く掘り下げるぶん、取り上げるトピックは限られますが、ある日のラインアップは海外のニュースが多く、国内の話がよく分からなかった。初週を振り返ると、全体的に政治の話題も乏しい気がしましたね。加えて、桑子さんの『へぇ~』『そっかぁ』と言った相づちは、NHKの看板ニュース番組のキャスターとしては気さく過ぎるし、噛み癖もやや気になりました。今後どう改善していくのか、注目したい点のひとつです」

 桑子アナの親しみやすさが受け入れられるかどうかに番組の未来がかかっているようだ。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/203232/

ちなみに、ブラタモリで桑子おねえさんの後を継いだ近江友里恵アナウンサーも、新人時代にケータイ大喜利に出演しています。アニマル浜口さんが大暴れする回に投入され、「アニマル浜口の控室を実況する」という高難度のミッションをさらっとクリアした度胸の良さと優等生ぶりが印象に残っています。桑子おねえさんとは実に対照的なデビューでした。

f:id:bluetears_osaka:20170412122140j:plain
f:id:bluetears_osaka:20170412121132j:plain

これ見てると、いろいろなアナウンサーが通っていったケータイ大喜利12年の歩みを思いだすなあ…。

アナウンサーのごあいさつ|NHK 着信御礼!ケータイ大喜利