読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国足球超級聯賽、洪明甫監督の杭州緑城が降格

正直、韓国Kリーグについてはちょこちょこ見てますけど、中国サッカーのスーパーリーグをチェックするところまでなかなか手が回らないのが実情です。

中国サッカー・スーパーリーグ - Wikipedia

sports.sina.com.cn

で、たまにそのニュースに触れたと思ったら、洪明甫が監督に就任していた杭州緑城が甲級(2部)に降格したというニュース。あらら。

f:id:bluetears_osaka:20161102152836j:plain

記事入力 : 2016/11/01 08:36
サッカー:洪明甫監督が率いる杭州緑城、中国2部リーグ降格
他の韓国人監督たちは全員1部残留

 2014年のサッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で韓国代表チームを率いた洪明甫ホン・ミョンボ)監督(47)が中国で苦杯をなめている。同監督にとって初のクラブ指導者経験となった中国のプロサッカー・スーパーリーグ(1部リーグ)杭州緑城が甲級リーグ(2部リーグ)に降格したのだ。

 洪明甫監督が指揮を取る杭州緑城は先月30日、延辺富徳とのシーズン最終戦で2-2と引き分けて15位(8勝14敗8分)となり、降格が確定した。16チームが所属する中国スーパーリーグでは、下位2チームが甲級リーグに自動的に降格となる。洪明甫監督はW杯ブラジル大会でベスト16入りに失敗した責任を取って韓国代表監督を辞任、昨年12月に中国杭州緑城の監督に就任した。監督は当時、「指導者としてのキャリアに、クラブチームの監督歴がないということがいつも心の中で引っ掛かっていた。そうした時に目覚ましい成長を遂げている中国の舞台が目に入った」と語っていた。

 スーパーリーグで監督を務めている他4人の韓国人監督はすべて同リーグに残留した。朴泰夏(パク・テハ)監督が率いる延辺富徳はスーパーリーグ昇格の最初のシーズンで9位になった。江蘇蘇寧の崔竜洙チェ・ヨンス)監督は今季2位だった。張外竜(チャン・ウェリョン)監督の重慶力帆は8位、李章洙(イ・ジャンス)監督の長春亜泰は12位で1部にとどまった。

ソク・ナムジュン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/01/2016110100602.html

つーか、そんなに韓国人監督おったんや…。岡田武史・日本代表元監督が監督を務めたのもこの杭州緑城でしたし、何だかいろいろ考えてしまうニュースです。

指導者にしても選手にしても、岡田さんの後に続く日本人はなかなかいませんが、韓国人は監督だけでなく、代表級を含んだ選手もかなりの人数が中国リーグでのプレイを経験しています。

一昔前ならいざ知らず、環境や条件面において、ここまで大きな差がつくほどの違いが昨今の日韓間にあるとは正直思えないのです。猫も杓子もヨーロッパを向いていて、南米やアジア・アフリカのことがほとんど視野の外にある「日本サッカーの世界観」という〈主観〉的な要素が、そこに働いているような気がしてならないのですけどねえ…。

blog.goo.ne.jp
blog.goo.ne.jp

時折見かける「Jリーグぬるま湯」論者の方々がおっしゃっていることも、一理はあると思っています。そこで、だったら「海外挑戦=ヨーロッパでプレイ」という固定観念を捨てて、ACLでガツガツしのぎを削っているアジアに目を向けてみたら?と思うのです。

日本だと、そこもどうもタイやベトナムといった東南アジアに偏る癖があるみたいなんですけど、実際にACLで真っ向から激突するのはまず韓国・中国・オーストラリアなわけです。

まったく雲の上というわけではなくても、Jリーグのトップクラブが勝ったり負けたりするレベルのクラブが複数存在するという、侮りがたい異国のリーグで揉まれる選手を輩出することは、ここのところ日本勢がアジアで勝てなくなっている現状に対する打開策ともなるような気がしますよ。

だいたい、Jリーグでそこそこのレベルの選手では、そのへんの国のリーグで試合に出られるかどうか怪しいです…。でも、出れないのなら戻ってくればいいんです。大事なのは、真剣勝負の公式試合に出て経験値を上げることです。

ケースバイケースであることは大前提にした上で、「ヨーロッパでベンチを温める選手」と、「アジアでガンガン試合に出ている選手(今年だとFCソウル高萩洋次郎がいいケースになります)」と、どちらを「いい経験をしている」と評価するか。このへんは、選手だけでなく協会の問題でもありますね。

追記:上の話に関連しては、楠神順平もオーストラリアで今、いい活躍をしているようです。ガンバ大阪サポーター的には「敵」として強い印象を残している選手ですが。

楠神順平Aリーグ月間ベスト11に選出。チーム低迷も傑出した活躍で高評価
2016年11月02日(Wed)21時59分配信 photo Getty Images

f:id:bluetears_osaka:20161103223947j:plain
ウェスタンシドニー・ワンダラーズ楠神順平【写真:Getty Images】

 今夏J1のサガン鳥栖からオーストラリア・Aリーグウェスタンシドニー・ワンダラーズ(WSW)へ移籍した楠神順平は、開幕からわずか1ヶ月でリーグ屈指の選手という評価を確立した。

 先月初旬に開幕したAリーグは、公式サイト上で10月の月間ベストイレブンを発表。その中にWSWからただ1人、楠神が選出された。

 寸評では「日本から移籍してきた選手は傑出したパフォーマンスで素早くAリーグに順応した」と、10チーム中7位に低迷するチームをけん引するプレーぶりが絶賛されている。

 楠神はまだゴールこそないが、4試合すべてにフル出場してWSWの攻撃を引っ張っている。他の新戦力が適応に苦しむ中で右サイドでも左サイドでも、求められた役割を的確にこなし、すでにチームの中心的存在として周囲の信頼も厚い。

 なお、Aリーグの10月の月間ベストイレブンには開幕から4連勝と絶好調のシドニーFCから多数の選手が選ばれた。その中には元ベガルタ仙台のダニー・ヴコビッチも含まれている。また月間最優秀監督はこちらも元仙台のグラハム・アーノルド監督だった。

 Aリーグが発表した10月のベストチームは以下のとおり。

▽GK
ダニー・ヴコビッチ(シドニーFC

▽DF
マイケル・ズッロ(シドニーFC
ナイジェル・ボーガード(ニューカッスル・ジェッツ
ジョシュ・リスドン(パース・グローリー

▽MF
ブランドン・オニール(シドニーFC
ルーク・ブラッタン(メルボルン・シティFC
ミロシュ・ニンコビッチ(シドニーFC
楠神順平ウェスタンシドニー・ワンダラーズ

▽FW
マルコ・ロハスメルボルン・ビクトリー
ブルーノ・フォルナローリ(メルボルン・シティFC
フィリップ・ホロスコ(シドニーFC

▽監督
グラハム・アーノルドシドニーFC

【了】

http://www.footballchannel.jp/2016/11/02/post182877/


ともあれ、洪明甫の去就がどうなるかはわかりませんが、韓国人選手が中国で当たり前のようにプレイしている光景は、来年も変わることはないでしょう。指導者にしろ、選手にしろ、仮に日本人が同じ事をすれば、「異端」扱いされることを覚悟しないといけないでしょうねえ。

果たして将来、そうした状況が変わることがあるのかどうか。今は何とも言えないです。

홍명보와 이장수 감독, 중국에서 둘다 살아남을 수 있을까
김세훈 기자 입력: 2016년 10월 27일 14:24:00 | 수정: 2016년 10월 27일 15:05:44

f:id:bluetears_osaka:20161102151707j:plain
홍명보 감독. 사진 | 게티이미지 / 이매진스

홍명보 감독이 이끄는 항저우 그린타운이 중국프로축구 슈퍼리그에서 2부로 떨어질 위기에 몰렸다.

항저우는 지난 26일 슈퍼리그 29라운드에서 허베이와 0-0으로 비겼다. 항저우는 8승7무14패, 승점 31을 기록해 16개 팀 중 15위로 내려앉았다. 슈퍼리그는 1년 동안 팀당 30경기씩을 치러 최종순위 15·16위가 2부로 강등된다.

현재 슈퍼리그 최하위(16위·승점 27)는 스쟈좡으로 확정됐다. 남은 한 자리인 15위를 탈출하기 위해 4개 팀이 안간힘을 쓰고 있다.

15위 항저우가 가장 위험하고 14위(승점 32) 창춘 야타이, 13위(승점 33) 톈진 테다, 12위(승점 33) 랴오닝 후윈 순으로 불안에 떨고 있다. 이 팀들은 30일 리그 최종전에서 잔류냐, 강등이냐가 결정된다.

헝저우는 옌벤 푸더(9위· 승점 36)와 최종전을 치른다. 옌벤은 잔류가 이미 확정됐다. 항저우는 무조건 옌벤을 꺾고 상위팀 경기 결과를 기다려야 하는 처지다. 공교롭게도 옌벤 사령탑은 홍 감독의 ‘절친’ 박태하 감독이다.

항저우보다 순위가 한 단계 높은 창춘은 4위 상하이 선화와 쉽지 않은 마지막 경기를 치른다. 항저우가 승리하고 창춘이 패하면 창춘이 15위가 돼 2부로 떨어진다. 창춘 감독은 오랫동안 여러차례 중국프로축구단을 이끌었던 이장수 감독이다.

홍명보 감독과 이장수 감독이 모두 잔류하려면 두 팀이 나란히 이기고 12위 랴오닝 또는 13위 텐진 중 한 팀이라도 패하면 된다. 이렇게 된다면 한국 감독이 이끄는 5개 팀 모두 잔류에 성공하게 된다. 최용수 감독이 지난 7윌 지휘봉을 잡은 장쑤 쑤닝은 2위를 확정하면서 다음 시즌 아시아챔피언스리그 출전권을 따냈다. 장외룡 감독이 지휘하는 충칭 리판은 8위로 일찌감치 잔류를 확정했다.

http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?cat=view&art_id=201610271424003&sec_id=520401

‘강등’ 홍명보 감독, 항저우 계속 지휘할까
양승남 기자 입력: 2016년 10월 31일 08:21:01 | 수정: 2016년 10월 31일 16:07:05

강등의 아픔을 맛본 홍명보 감독(47)이 계속 항저우 뤼청을 지휘할까.

홍명보 감독이 이끄는 항저우가 30일 중국 항저우 황룽 스타디움에서 열린 중국 슈퍼리그 30라운드 최종전에서 한국인 박태하 감독이 이끄는 옌볜 푸더와 2-2로 비겼다. 이로써 항저우는 8승8무14패로 승점 32를 기록, 15위에 그쳐 최하위 스좌장 융창(승점 30)과 함께 강등이 확정됐다. 홍명보 감독은 2014 브라질월드컵에서 한국대표팀을 이끌고 1무2패로 예선탈락한 이후 휴식기를 보내다 항저우 사령탑으로 재기에 나섰으나 클럽 감독 첫 시즌에 쓴맛을 봤다.

f:id:bluetears_osaka:20161102151911j:plain
홍명보 항저우 감독. 김창길 기자

항저우는 전반 31분 삼미르의 선제골로 앞서갔지만 옌볜의 한국인 공격수 윤빛가람에게 동점골을 내줬다. 이후 역전을 허용한 뒤 후반 추가시간 가까스로 동점을 만들며 패배를 면했으나 강등의 칼날을 피하지 못했다.

홍 감독은 경기 후 기자회견에서 “팀이 강등돼 매우 유감이다. 모든 경기결과는 감독의 책임”이라면서 “올 한 해는 매우 힘들었지만 의미 있었다”고 말했다. 홍 감독은 2부 리그로 떨어진 팀을 계속 맡을지에 대해 “항저우를 택한 것은 당장 눈앞이 아니라 미래를 봤기 때문”이라면서 “경기가 막 끝났고 구단과 얘기해야겠지만, 저는 여전히 적극적인 태도다”고 답했다. 홍명보 감독은 지난해 12월 항저우와 2년 계약을 했다. 항저우 구단은 홍 감독의 거취에 대해 아직 공식 입장을 내놓지 않고 있다.

http://sports.khan.co.kr/sports/sk_index.html?cat=view&art_id=201610310821013&sec_id=520401

www.youtube.com
www.youtube.com