韓国

毎日新聞の大阪人権博物館(リバティおおさか)訪問記と、ソウル新聞の関連記事

先日の朝日新聞に続いて、毎日新聞の記事が目についたので、関連付けてクリップ。blue-black-osaka.hatenablog.com blue-black-osaka.hatenablog.com 在日コリアンとして自分のルーツに触れた場所 「リバティおおさか」記者訪問記 毎日新聞 2020年6月24日 10…

オンライン試験カンニング事件の余波:オンラインかオフラインか

こちらの件の後日譚みたいな話ですね。blue-black-osaka.hatenablog.com大学のシステムではサムスンのようなカンニング対策は取りにくい。かといって不正の横行をそのままにしておくわけにもいかない。ということで、試験をオンラインからオフラインに転換し…

国立5.18民主墓地の便宜施設利用をめぐる若干の揉め事

ふむ。問題となっている建物は、正門前の駐車場の奥に2014年に建てられたやつですか。そう言えば、昔は売店だったところに何かできてた気がする。2009年に見たこの案内図の④のところですね。ここに、記事の写真にある「民主館」が建てられ、旧来の管理事務所…

「全北版クハラ事件」と呼ばれた裁判の地裁判決

殉職した消防官の娘の遺族年金の受領をめぐって対立していた、二人の娘を男手ひとつで育てた父親と、早くに離婚した母親との間で争われた裁判で、父親の請求(母親に対する養育費支払い請求)が認められたという地裁判決。確かに、ハラちゃんの話とそっくり…

釜山・UN記念公園国軍墓域で埋葬者重複の可能性

なるほど。状況証拠はかなり揃っていますね。「UN」ですから、韓国軍人の埋葬者はもともと少なく、似た名前があることに気付いた人がこれまでなかったとも思えません。なんで今、その話が提起されたんですかね。てか、朝鮮戦争開戦から今年で70年ですよ。…

文在寅政権下での「宿題」への取り組み:「南営洞対共分室」前での「6.10民主抗争33周年記念式」

映画「1987」でも何度も出てきた南営洞対共分室、あの建物の前のちょっとした広場で今回の式典は行なわれたんですね。普段なら政府の式典を行うには狭すぎる場所ですけど、この新型コロナウイルスの影響を奇貨として、この象徴的意味に満ちた場所での開催と…

文在寅政権下での「宿題」への取り組み:李韓烈遺族へ警察庁長官の直接謝罪

延世大学校で行なわれた李韓烈33周忌追悼式での話ですが、「1987年に起きたこと」に対する一つの区切りとなると同時に、李韓烈やその背後に控える民主化運動に対する政府の「礼遇」についても、一つの転機を象徴するものになるような気がします。 고 이한열 …

映画「野球少女」6月18日封切り

「野球映画にヒット作なし」と言われる状況は確かにあるんです。けれども、それでも作られるのはやっぱり何かあると思うんですよ、そこには。なので、これ観たいんですけど、韓国に行って観るわけにもいかない中で、日本に来てくれるかどうか、ですね。どう…

サムスンのオンライン就職試験(適性検査)と、オンライン試験カンニング問題

朝日新聞の「GLOBE+」に載っているサムスンの適性検査を扱ったこの記事、原文記事へのリンクがなく、東亜日報日本語版には出ないようなので、ここで対訳にしてみます。ほぼ逐語訳と言っていい全文訳になっていることがわかります。こんな大規模なオンライン…

保導連盟事件の犠牲者2名に再審無罪判決

…という記事なわけですが、同事件の犠牲者は10万人単位、そのうち、この再審が問題にした釜山で1950年7〜9月に殺されたのは少なくとも1500人、そのうち身元が判明したのは148人、でその中のたった2人の無罪宣告だった、ということが記されています。ja.wikip…

水原FCで躍動する日本出身プレイヤー

Kリーグは最近なかなかチェックできていないんですが、こういうニュースも徐々に珍しくなくなってきました。現地での通称が「マサ」になっている石田雅俊選手、市立船橋から京都サンガ、という経歴なんですね。ko.wikipedia.org韓国では確実にステップアップ…

白善燁将軍の国立墓地安葬問題

なんか騒ぎがあるらしいとは聞いていましたが、元をたどるとこれみたいですね。うん、何だかいろんなことが入っていて、議論が錯綜してしまったみたいです。そもそもは、100歳になる白善燁将軍の墓所を大田顕忠院にするかソウル顕忠院にするかという話があっ…

殉職公務員に対する公葬制度の導入:慶尚南道庁の場合

依拠する条例は、こちらですね。2020年1月施行の「慶尚南道庁葬に関する条例」(慶尚南道条例第4680号)。www.law.go.kr慶尚南道所属の殉職公務員の葬儀を道庁が葬儀委員会を組織して公的に行なうことができるようにしたものです。その道庁葬が初めて行われ…

盧泰愚元大統領の息子さんの光州・望月洞訪問

自分で書いててタイトルでこれを思い出したのですが、言うまでもなく記事の内容とは関係ありません。www.youtube.com光州の国立5.18民主墓地と言えば、名前をカリカリされる扱いを受けているのは金泳三と金鍾泌なわけですけど、全斗煥と金泳三の間にはさまれ…

「キム君」の銅像、光州公園に建立…される?

去年、映画化されたあの「キム君」の銅像が光州公園に建立されるというニュース。blue-black-osaka.hatenablog.com blue-black-osaka.hatenablog.com記事にもあるように、光州事件当時、民兵(市民軍)結成の場となったというこの場所は、像の建立には確かに…

「記憶の戦争」を敗走する正義連=旧挺対協

この間、正義連=旧挺対協や尹美香氏をめぐっては色んな指摘や疑義や記事が出てきましたけど、朝鮮日報のこれは、かなり根底的な批判であると思います。これにどう応答するのか。できるのか。もしこの批判を受け入れるなら、これまでの活動の意義が根底から…

写真の中の大統領警護室長

韓国日報のこの記事、豊富な資料写真とともに歴代の大統領警護室長(警護処長)の系譜を跡付けていて、読み物としてもなかなか興味深いものです。軍警出身だったり閣僚級だったりした時代もあり、だからこそ文在寅政権によって公開採用された新任警護処長の…

「光州5.18」40年、その来し方行く末

今年の式典については、まあとりあえず文在寅大統領の式辞を。jp.yna.co.krhttps://www1.president.go.kr/articles/8636 <제40주년 5·18민주화운동 기념식>광주를 통해 우리는 서로의 마음을 더 많이 모으고, 더 많이 나누고, 더 깊이 소통하는 것이 민주주…

西日本新聞の特集「韓国葛藤 光州40年」:湖南(光州)と嶺南(大邱)との分断打開のカギは

西日本新聞の「韓国葛藤 光州40年」連載正編の2回目。40年と言えば、長いと言えば長いですけど、多くの生き証人が証言し、子や孫といった世代にその記憶を伝えることが可能な時代とも言えます。「歴史の彼方」と言うにはまだあまりに近い。www.youtube.com …

西日本新聞の特集「韓国葛藤 光州40年」:政治的分断と「あなたのための行進曲」

西日本新聞の「韓国葛藤 光州40年」連載正編の1回目がこちらです。歴史を踏まえ、当事者の証言も取り、きちっと書かれています。 韓国「武器持たぬ内戦」今も 光州事件40年、影落とす保革分断 2020/4/6 6:00 西日本新聞 国際面 池田 郷 光州の地図 光州事件…

韓国芸能界と兵役との関係の変化

まあ、10年ほど前の韓国社会のことを考えてみれば、こうやって芸能人が次々と入隊して除隊して復帰して活躍しているのは、大きな様変わりと言ってもいいでしょう。除隊後にも活動を続けて成功している先例が増えたのと、実際問題として芸能人としての「寿命…

5月11日は「養子縁組の日(입양의 날)」

…なのだそうで。知りませんでした。この日に合わせて、京郷新聞がある家族の話を取り上げています。韓国で「入養(입양)」と言えば、「韓国内から海外へ養子に出される子どもたち」というのが一般的なイメージだと思われますが、こちらは20年前から国内で養…

「5.18」40周年に合わせた保守派団体の光州での示威行為

なんか、新型コロナウイルス禍で「5.18」40周年の記念行事が縮小される間隙を突くように、保守系団体が錦南路で集会開催を企図して、光州市によって禁止命令が出されたというところまでは聞いていたのですが。news.khan.co.kr news.khan.co.krこれ見る限りで…

「人道」の前に置かれる「政治」:マスク支援の基準に「6.25参戦国」

個人や民間の団体であれば、自分の価値観と基準で好きに支援すればいいと思いますけど、仮にも大韓民国の政府機関である国家報勲処が、こんなことを公言しちゃってええんですかね。いくら退役軍人や参戦者が対象であるとしても。危うい気がするけどなあ。 6·…

全斗煥大統領親筆の扁額、大田護国院から撤去されるか。

この件、記事として最近目に付いたのはSBSのものだったんですけど、その後に出た大田日報の記事で補っておくとします。news.sbs.co.kr「5.18」40周年に合わせて、関係市民団体が前々からターゲットにしていたようです。全斗煥の親筆碑や記念碑関係はまだまだ…

京郷新聞特集「消える現場、忘れられる記憶」(3):光州と全羅南道の「5.18」

京郷新聞の例の連載の続きの3回目。前回は「4.19」関連だったのに対し、今回の記事は光州・全南の「5.18」特集です。blue-black-osaka.hatenablog.comまあ、連載を貫く論旨はこの記事でも一貫していて、「在野団体や地方自治体任せの史跡保存や記念事業には…

京郷新聞特集「消える現場、忘れられる記憶」(2):「4.19」とその「地方支店」

京郷新聞の特集「消える現場、忘れられる記憶」の連載2回目のテーマは「4.19」革命のようです。blue-black-osaka.hatenablog.comただ、ここに出てくるのは「4.19」ではなく、「2.28」「3.8」「3.15」です。それぞれ、2.28は大邱、3.8は大田、3.15は馬山で、1…

京郷新聞特集「消える現場、忘れられる記憶」(1):「4.19」「5.18」をめぐる概説

「京郷新聞」のこの特集、今年の「4.19」60周年にぶつけて企画されたものだと思います。情報量が多くて参考になるところが多いので備忘のために。「民主化運動の記念と国家・政府との関わり」というのは、1987年の民主化以降に問題となってきたトピックスで…

大韓民国臨時政府樹立101周年記念式典と国立大韓民国臨時政府記念館起工式

この新型コロナウイルス禍の中でも、ソウル西大門のこの式典は挙行できたんですね。たぶん100周年を目途にしていたはずなので、少し予定からは遅れましたが、大韓民国臨時政府記念館も西大門で着工されるに至ったわけですか。となると、西大門刑務所歴史館と…

オーマイニュース企画連載「追跡―顕忠院国家公認親日派11人」

こういうページがあるわけですが。www.ohmynews.com まあ要するに、「親日清算」という古くからのテーマを、2020年に改めて追及しようという企画なわけです。今回の対象は、ソウルと大田の顕忠院に眠る「親日派」11人。その選定基準は、親日反民族行為真相究…