【大分の風景】大分県護国神社・その2:西南の役軍人墓地と慰霊碑群

こちらの続きです。

blue-black-osaka.hatenablog.com

ただ、そちらに向かう前に、まずはこちらへ。

f:id:bluetears_osaka:20190311141518j:plain

順を追っていきましょう。まずは西南の役軍人墓地へ、前回見たのは西南戦争で戦死した警察官のための墓地、こちらは軍人墓地です。大分では、明治10年西南戦争関連の戦没者墓地が護国神社に付帯して存在していることになります。

f:id:bluetears_osaka:20190311141547j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141554j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141626j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141721j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141803j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141824j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141903j:plain

そして、軍人墓地の反対側奥に、各種の慰霊碑や招魂斎庭、そして大分市内を一望できる展望台などがあります。

f:id:bluetears_osaka:20190311142408j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142426j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142447j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142507j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142529j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142542j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311143105j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142653j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142845j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311142726j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311143137j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311143329j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311143229j:plain

各施設については、こちらをご覧ください。

www.oita-gokoku.jp

とりあえず、ここまで片づけたことにして、もう一度切ることにします。

ファンウィジョ、フランスリーグ1でデビューゴール、ボルドーを勝利に導く。

こちらに来てSBS-Sportsのハイライトを観れました。得意の形とコースをしっかり決めましたね。さいたまで浦和相手に決めたゴールを思い出しました。

www.youtube.com
www.youtube.com

今は韓国に来てますけど、日本から応援してますよ。

황의조, 리그 마수걸이 골 폭발…팀 첫승 견인
뉴시스입력 2019-08-25 08:52 수정 2019-08-25 08:53

f:id:bluetears_osaka:20190825235025j:plain

프랑스 프로축구 리그1(1부리그) 보르도의 황의조(27)가 데뷔 3경기 만에 첫 골을 터뜨렸다.

황의조는 25일(한국시간) 프랑스 디종의 스타드 가스통-제라르에서 열린 2019~2020 리그1 정규리그 3라운드 디종과 원정 경기에서 결승 골을 터뜨려 팀의 2-0 승리를 이끌었다.

황의조는 전반 11분 후방에서 날아온 사무엘 칼루의 긴 패스를 받아 페널티박스 왼쪽 측면으로 돌파했다. 수비수를 제친 후 전매특허 격인 오른쪽 감아차기 슛으로 골망을 흔들었다.

지난 5일 제노아(이탈리아)와 프리시즌 경기에서 골맛을 본 그는 리그에선 골이 없었다.

http://www.donga.com/news/article/all/20190825/97102270/1

G大阪のFWファン・ウィジョが移籍後初ゴール!仏メディアも高評価
19/8/25 18:00

f:id:bluetears_osaka:20190824200923j:plain

 今夏、ガンバ大阪からボルドーに完全移籍した韓国代表FWファン・ウィジョ(26)が、移籍後初ゴールを挙げた。

 24日、ボルドーは敵地でディジョンと対戦。開幕3試合連続スタメンを果たしたファン・ウィジョは、前半11分にカウンターからFWサムエル・カルのロングパスを受け、ペナルティーアーク左脇から右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール右隅に吸い込まれ、先制点を挙げた。

 ファン・ウィジョは2-0の後半26分にピッチを後にしたが、チームの今季リーグ戦初勝利に貢献。パウロ・ソウザ監督は「彼はボールコントロール、パス、シュート、技術的に優れたプレイヤーだ」と称えた。

 さらに、フランスメディア『フットボール365』は「先週のモンペリエ戦では期待外れだったが、彼はまだ発展途上にあり、1週間でストライカーとしてすでに進歩している。(ディジョンの本拠地)スタッド・ガストン・ジェラールでは、カルの素晴らしいパスから自分で得点を奪って見せた」と評価し、チームトップタイの『7』をつけた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?283147-283147-fl

映画「鳳梧洞戦闘」を観る。

今回、とりあえずこれだけは観ようと決めていたのが「鳳梧洞戦闘」です。

f:id:bluetears_osaka:20190825210443j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190825220406j:plain
www.youtube.com
www.youtube.com
www.youtube.com

理由?そんなもん、北村一輝が出ているからに決まっています。

f:id:bluetears_osaka:20190825220430j:plain

『天気の子』醍醐虎汰朗・北村一輝ら、話題の韓国映画で「日本軍」を熱演
2019年08月14日 映画 #韓国映画

韓国映画『鳳梧洞戦闘』(原題)に出演した、日本人俳優たちのスチール写真が公開された。

同作は、1920年6月に遡って大韓独立軍が日本軍を相手に初めて勝利を勝ち取る様子を描いている。

ウォン・シンヨン監督によると「日本人俳優が日本軍を演じてくれれば、映画の息吹と価値が増すと思った」らしく、日本軍役には日本人の俳優を起用。

まず、独立軍を討伐するために加わった追撃隊大将ヤスカワジロウ役は、人気俳優の北村一輝が演じている。

映画『猫侍』『シグナル 長期未解決事件捜査班』などで韓国でも知られるようになった北村は、百戦無敗を誇る“戦争狂”ヤスカワ役を完璧に表現した。狂気に駆られた目つきが、戦闘の緊迫感を漂わせる。

f:id:bluetears_osaka:20190825211726j:plain
(写真提供=ショーボックス)

イップ・マン 序章』『マンハント』など数多くの作品に出演し、重みのある存在感を放ってきた池内は、ヤスカワの右腕であるクサナギ役に扮した。

度重なる戦争によって取得した知略で独立軍を追撃するクサナギは、特有のカリスマで独立軍の闘争をさらに劇的なものとし、観客を没頭させる。

f:id:bluetears_osaka:20190825211807j:plain
(写真提供=ショーボックス)

独立軍の捕虜になった若い日本軍ユキオ役に扮するのは、アニメ映画『天気の子』の主人公を演じた醍醐虎汰朗。

彼は独立軍と一緒に過ごしながら複雑な感情を抱くユキオを、繊細に演じあげた。

f:id:bluetears_osaka:20190825211853j:plain
(写真提供=ショーボックス)

日韓の俳優たちが熱演を繰り広げた映画『鳳梧洞戦闘』。公開4日で観客動員数100万人を突破し、1日で200万人を突破するなど、じわじわと注目を集めている。

https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=5719

なので、初日の半端な時間を東大門のメガボックスで過ごしたわけです。

3人の日本人俳優は、それ相応の重要な役どころを、しっかり演じ切っていましたよ。日本軍の指揮官役である北村一輝池内博之はもちろん、捕虜となった醍醐虎汰朗の演技も光っていました。韓国の俳優だとイヒョヌを思い起こさせるような。

北村一輝に至っては、他の主役陣を圧倒するような存在感を全開にしてます。これが斑目久太郎の転生した姿だというのですから、輪廻というのは何がどうなっているのかよくわかりません。

で、肝心の作品内容ですが。

これ、リアルな戦闘シーンを見せる戦争映画だと思っていると、イラっとすると思います。多少なりとも実証的な観点で見ようとすると、北村一輝の(薄皮一枚分、辛うじて「猫侍」的な)登場シーンでいきなり衝撃を受けることになるでしょう。

いや実際、戦闘の描写について言えば、これは完全にマンガですよマンガ。揶揄ではなく、全くもって文字通りの意味で。

いったい誰が、こんな映画で月の輪の雷蔵の必殺技を見せられると予想できますか?

blogs.yahoo.co.jp
f:id:bluetears_osaka:20190825213727j:plain

監督以下制作陣は、もちろん考証はしたのでしょうけど、2時間を超える映画作品を満たすだけの資料があるわけではないはずです。筋としてはとりあえず実話ベースであるにしても、描かれている個別場面について事実かどうかを問うことにはほとんど意味はないですし、そこにこだわるだけ無駄です。作品としては「そこはどうでもいいところ」なのです。

news1.kr

この映画のキモはむしろ、「この映画を通して何を表現したかったのか」という部分にこそあると思います。

重厚な演技で圧巻の存在感を見せていた北村一輝がユヘジンごとき*1に切り刻まれることによって、製作者の意図は表現されていると、私は考えます。基本的には全編を通じて、とりわけ最終盤の戦闘において、製作者が表現しようとしたものは何か。それを、「私たちはどう受け止めたか」という観点をいったん脇に措いて、想像してみてはいかがでしょうか。

ま、そのへんを含め、北村一輝の役者としての評価も併せ、観ずに判断するのはやめましょうや。

www.insight.co.kr

北村一輝はなぜ韓国「反日映画」出演を決めたのか?
芸能週刊新潮 2019年5月30日号掲載

f:id:bluetears_osaka:20190825215353j:plain

 今夏、韓国で「戦闘(セント)」なる反日映画が公開予定だという。が、これもまた、ずいぶん史実が曲げられた作品なのだとか。またか、と冷めた視線を送れば、なんと、あの北村一輝(49)が出ているではないか!

 徴用工をテーマにした「軍艦島」(2017年)しかり、慰安婦問題の「鬼郷」(16年)しかり。いくら娯楽といえど、近年の韓国映画は度を越している。日本人は悉(ことごと)く悪し様に描かれ、蛮行の限りを尽くすのだ。

 韓国の映画会社関係者が打ち明ける。

「『戦闘』は、日本統治時代に活躍した独立活動家が率いる抗日ゲリラ団の戦いがテーマ。今年は、日本の朝鮮半島統治に抵抗して起きた三・一独立運動から100周年ということもあって、分かりやすい反日映画になっています」

 そのなかでクローズアップされるのは、

1920年6月に起きた、鳳梧洞(ポンオドン)戦闘です。日本人にはまったく馴染みのない戦闘ですが、韓国では教科書にも載っていて、ほとんどの国民が知っている。三・一独立運動後、各地で繰り広げられた独立軍と日本軍の戦いのうちの一つであり、初めて日本軍に勝った戦闘という位置づけなのです」

 実際のところは、独立軍が日本軍の追っ手を山中でちょっと反撃した程度。だが、日本軍戦死者は157名、重傷約200名、軽傷約100名。対する独立軍の戦死者は1名、重傷2名、軽傷3名と大喧伝されている。

 韓国の百科事典などには、これと似かよった戦闘結果が記されているものの、それはあくまで彼の国の認識でしかない。

北村本人の判断

 先の映画会社関係者曰く、この作品における北村一輝の役どころは、

「鳳梧洞で戦ったとされる日本軍の冷酷な少佐ですが、北村さんクラスの日本人俳優がこのような反日映画に出たなんて、記憶にありません。こちらのスタッフのなかでも、“彼のような人気俳優が出て大丈夫なのか”との声が上がっていたんですから」

 撮影期間は昨年8月から年末にかけて4カ月ほど。すでに撮り終わっているが、

「事務所は反対の意向だったといいます。明らかな反日映画ですから。仮に『戦闘』が史実とかけ離れ、日本国内で問題視されれば、彼が起用されているキリンビールなどのCM打ち切りの可能性だってある。なのに、“どんな役でもこなすのが俳優”という彼の信念で出演が決まった。事務所ではなく、北村さん本人の判断だったようですよ」

 彼が人気俳優たるゆえんは、その信念にある。ゲイを演じるときはゲイバーに通いつめ、チンピラを演じるために歯を5、6本抜くといった、役者魂溢れるエピソードは枚挙に遑(いとま)がない。スポーツ紙の芸能担当記者が懸念する。

「そんな北村は、今年9月からのNHK連続テレビ小説『スカーレット』でヒロインの父親役を演じます。NHKの朝の顔ともなる彼が、売国奴と詰(なじ)られかねないこの手の映画に出るのは解せません。リスクが大きすぎますよ」

 北村自身にその了見を聞いてみたかったが、所属事務所は、「情報解禁がまだなので取材にはお答えできません」の一点張り。産経新聞ソウル駐在客員論説委員黒田勝弘氏はこう語る。

「史実に反していると指摘されようと、“日本人が悪いことをしたのに変わりはないでしょ”というのが韓国。細部はどうでもいいのです。ただ、韓国では次第にそうした風潮への批判も広まっている。また今年も“イルポン”をやるのか、というんですね。日本を意味する“イルボン”と“ヒロポン”のポンをかけて“イルポン”。反日愛国映画は、国民を一時的にスカッとさせようとする手段だと揶揄しているわけです」

 むろん、どんな映画の役でも引き受けた以上は台本通り演じ切るのが役者の本分で、それが北村の信念でもあろう。ただ内容如何によっては、あらぬ批判の代償が待ち受けるやもしれぬ。

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/06040557/

*1:ここで言っているのは、役者としての格の話ではなく、役柄の格の話です。

政治とは無関係に訪韓日本人は増加

ま、そらそうでしょう。

円高ですもん。訪日韓国人が減って訪韓日本人が増えるのは理の当然です。

jp.investing.com
f:id:bluetears_osaka:20190823151242j:plain

個人的にはちょっと嬉しい。来週はもっと円高になってもええんやで。

韓日関係悪化も訪韓日本人客増加 7月は19.2%増
2019.08.22 16:12

【ソウル聯合ニュース】日本の韓国向け輸出規制強化で両国関係は冷え込んだが、7月の訪韓日本人観光客は大幅に増加した。

f:id:bluetears_osaka:20190823150802j:plain
大勢の人でにぎわうソウルの繁華街、明洞(資料写真)=(聯合ニュース

 韓国観光公社が22日に発表した韓国観光統計によると、7月に韓国を訪れた外国人は144万8067人で前年同月比15.4%増加した。

 国・地域別では中国からの訪問客が51万9132人で最も多く、次いで日本(27万4830人)、台湾(11万3587人)、米国(9万7428人)、香港(5万9036人)などの順だった。

 日本人客は政治問題に敏感でない層を中心に個人旅行客が増えたことで同19.2%増加した。

 中国からは家族連れや学生団体客の訪問が増え同26.5%増加した。そのほかのアジア諸国や中東からの訪問客は7.4%増えた。

 一方、先月海外旅行をした韓国人は264万2585人で、同5.9%増加した。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190822002700882

한일 갈등에도 7월 한국 방문 일본인 관광객 19% 증가
송고시간 | 2019-08-22 14:44

(서울=연합뉴스) 조성흠 기자 = 한일 무역갈등에도 불구하고 지난달 일본 관광객의 한국 방문은 큰 폭으로 증가했다.

한국관광공사가 22일 발표한 한국관광통계에 따르면 7월 한국을 방문한 외국인은 총 144만8천67명으로 지난해 같은 기간보다 15.4% 증가했다.

국가별로는 중국 51만9천132명, 일본 27만4천830명, 대만 11만3천587명, 미국 9만7천428명, 홍콩 5만9천36명 등 순이었다.

중국은 여름방학 및 휴가철을 맞아 가족과 학생들의 단체 방문이 증가하면서 지난해 같은 기간보다 한국 방문 관광객이 26.5% 늘었다.

특히, 일본은 정치 이슈에 민감하지 않은 층을 중심으로 개별 여행객이 늘어남에 따라 19.2% 증가했다.

그 외 아시아 국가들과 중동 지역에서의 방문객은 7.4% 늘어났다.

대만의 경우, 개별 여행객과 크루즈 이용객이 증가세를 이끌었고, 홍콩은 시위로 불안정한 상황 속에서도 여름방학을 맞아 한국 여행 수요가 회복세를 보였다고 관광공사는 설명했다.

한편 7월 우리 국민 해외여행객은 264만2천585명으로 지난해 같은 기간보다 5.9% 늘어났다.

2019/08/22 14:44 송고

https://www.yna.co.kr/view/AKR20190822104800030

101回目の夏は履正社が悲願の初優勝

テレビで見守っていましたが、力の入るいい試合でしたね。選手や岡田監督はじめ、PL学園大阪桐蔭の後塵を拝し続けてきた履正社関係者には悲願だった全国制覇をついに見ることができました。

北陸勢の夏の優勝という悲願はまた持ち越しとなりましたけど、星稜も履正社と互角以上の戦いを見せてくれました。ただ、チーム全体的にピーク到達が早すぎて(たぶん智辯和歌山戦の死闘がそうさせたのだと思います)、コンディションが若干落ちた状態であったような気がします。奥川投手も、疲れが残る状態でいちばん強力な履正社打線とぶつかったのは不運でした。春の雪辱に燃える相手でもありましたしね。

履正社が初の全国制覇 大阪勢夏2年連続14度目V
[2019年8月22日16時35分]

f:id:bluetears_osaka:20190823092853j:plain
初優勝を決めマウンドに駆け寄る履正社ナイン(撮影・上山淳一)

f:id:bluetears_osaka:20190823093258j:plain
2死二塁、岩崎の左前適時打で生還する野口(撮影・梅根麻紀)

全国高校野球選手権履正社5-3星稜>◇22日◇決勝

履正社は春夏通じて初の全国制覇。また大阪勢としては100回大会の大阪桐蔭に続き2年連続14度目の夏の甲子園優勝となった。

星稜は奥川恭伸投手(3年)が先発。初回1死から池田凜内野手(2年)に今大会初の長打となる左翼線三塁打を許したが、2死三塁で井上広大外野手(3年)に対してスライダーを続けて見逃し三振に抑えた。

奥川は2回も先頭の内倉一冴内野手(3年)に右前に運ばれ、犠打で1死二塁とされるが、後続を連続内野ゴロに抑え無失点に切り抜けた。

星稜打線は履正社先発・清水大成投手(3年)に対して2回2死二塁から岡田大響外野手(3年)の適時二塁打で1点を先制した。

履正社は3回、2死から連続四球を選び2死一、二塁。迎えた4番井上は前の打席でスライダーを見逃し三振を喫していたが、初球117キロの外高めのスライダーをバックスクリーン左へ運ぶ今大会3本目となる逆転3ランを放ち試合をひっくり返した。

その後、履正社は4回1死二塁、5回1死二塁の好機をつくるも追加点はならず。星稜も3回無死から山瀬慎之助捕手(3年)が左前打を放つも二塁を欲張っての走塁死。さらに5回1死一塁での東海林航介外野手(3年)のけん制死があり、追加点を奪えなかった。

星稜は6回裏、連打で1死一、二塁としたが、福本陽生内野手(3年)が投ゴロでの併殺打に倒れた。

履正社は7回、連打で2死一、二塁として打席は井上。この試合奥川と4度目の対戦は、スライダーに空振り三振に倒れ無得点に終わった。

一方の星稜はその裏、1死二塁から山瀬が左中間へ適時二塁打を放って、2点目を奪い1点差。なおも2死一、二塁から知田爽汰内野手(2年)が右前へ同点適時打を放って3-3に追いついた。履正社は先発清水をあきらめ、岩崎峻典投手(2年)にスイッチ。内山壮真内野手(2年)が四球を選び2死満塁としたが、大高正寛内野手(3年)は二飛に倒れ、同点どまり。

履正社は8回表、1死三塁から7番野口の中前適時打で4-3と勝ち越し。さらに1点を加え5-3とした。好投手、奥川から11安打を放ち、攻略した。投げては7回途中からリリーフした右腕・岩崎が星稜打線の反撃を抑えた。

星稜は9回、同点の好機を作ったが無得点。履正社を上回る13安打を放つも及ばなかった。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201908220000402.html

履正社、地元切望の優勝 野球大国大阪の新たな歴史
[2019年8月22日22時13分]

f:id:bluetears_osaka:20190823093824j:plain
履正社対星稜 閉会式で行進する優勝の履正社ナイン(撮影・清水貴仁)

全国高校野球選手権履正社5-3星稜>◇22日◇決勝

履正社が令和初の甲子園王者となった。大阪勢として、夏は昨年の大阪桐蔭に続いて2年連続14度目の制覇となった。

履正社は1922年(大11)の創立で、当時は大阪府福島商業学校として大阪市北区に学校があった。67年に現在の所在地、豊中市に移転が完了。83年に履正社と改称された。野球部グラウンドは01年から茨木市に移ったが、それまでは豊中で練習。第101回大会は、高校野球史と縁が深いものになった。

第1回全国中等学校優勝野球大会が開催されたのは、現在の豊中市玉井町3丁目にあった豊中グラウンド。そのため、豊中は「高校野球発祥の地」と呼ばれる。地元の高校野球ファンが待ち望んだ優勝だった。

夏の大阪の優勝は浪華商(現大体大浪商、浪商時代の61年も優勝)、明星、興国、PL学園大阪桐蔭に続いて6校目。平成最後の夏は大阪桐蔭が史上初の2度目の甲子園春夏連覇で飾り、令和初の夏は履正社が制覇。野球王国・大阪に新たな歴史が生まれた。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201908220001095.html

履正社が星稜に春の雪辱 決勝では56年ぶり4校目
[2019年8月23日2時0分]

f:id:bluetears_osaka:20190823094016j:plain
履正社対星稜 初優勝を飾り喜ぶ履正社ナイン(撮影・清水貴仁)

全国高校野球選手権履正社5-3星稜>◇22日◇決勝

3安打17三振で完封負けしたセンバツの屈辱から約5カ月。履正社(大阪)が因縁の相手・星稜(石川)を破り、春夏通じて初の甲子園優勝を果たした。

◆春の雪辱 履正社が今年センバツ1回戦で敗れた星稜に雪辱。甲子園の春夏連続対戦は12年の大阪桐蔭光星学院(現八戸学院光星)以来39度目。返り討ちが25度あり、リベンジは14度目。決勝でのリベンジは32年中京商(対松山商)40年海草中(対島田商)63年明星(対下関商)に次いで56年ぶり4校目。

https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201908220000577.html

【大分の風景】大分県護国神社・その1:参道と西南の役警察官墓地

こちらの続きです。

blue-black-osaka.hatenablog.com

桜ヶ丘聖地・田中支隊記念碑のある場所からいったん大分駅に戻り、腹ごしらえを済ませてから再び移動。今度は逆方向に電車と徒歩で移動します。

f:id:bluetears_osaka:20190822113617j:plain

日豊本線で一駅、牧駅で下車して線路沿いに護国神社下の交差点まで少し歩きます。この交差点から、大分県護国神社のアプローチ道に入ることができます。

f:id:bluetears_osaka:20190311134836j:plain

クルマはぐるっと回って上の駐車場まで行くことになりますが、徒歩だと途中でこちらに折れ、鳥居をくぐって参道を歩くことができます。

f:id:bluetears_osaka:20190311135152j:plain

ちなみに、こっちは突き当りです。

f:id:bluetears_osaka:20190311135335j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311135439j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311135527j:plain

そこを過ぎて、折れ曲がる参道をもう少し上がった途中に、これがあります。西南の役警察官墓地。ずいぶん昔に訪れたことがあるのですが、その時にはこんな説明板はありませんでしたねえ。

f:id:bluetears_osaka:20190311135851j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311135859j:plain

西南戦争に動員されて亡くなった警察官が葬られている墓地なんですが、大分県の警察官だけでなく、東京から派遣された東京警視隊の戦没者が眠っています。というか、前者は1名、後者は103名にのぼります。

ja.wikipedia.org
西南の役警察官墓地(大分県)

何と言ってもここには、この人の墓があるんですよ。阿蘇会津の各所に慰霊碑・顕彰碑・墓碑がある佐川官兵衛ですが、当時の経緯を考えると、実際に葬られているのはこちらだと思われます。

f:id:bluetears_osaka:20190311135938j:plain

ここの階段を上った先は、こんな感じです。

f:id:bluetears_osaka:20190311140018j:plain

大分県の藤丸十等警部の墓は右手奥に独立して、福島県の佐川一等大警部の墓は最奥部の列のいちばん左にあります。

f:id:bluetears_osaka:20190311140055j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140101j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140138j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140107j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140409j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140419j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140443j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311140512j:plain

で、この墓地を過ぎてさらに参道を上り詰めたところに、明るく開けた大分県護国神社が見えてきます。

f:id:bluetears_osaka:20190311141144j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311141429j:plain
www.oita-gokoku.jp

ちょっと長くなりそうなので、いったんここで切ることにします。

【東京の風景】靖国神社・田中支隊忠魂碑

大分の風景をスケッチしている途中ですが。

blue-black-osaka.hatenablog.com

シベリア出兵で全滅した田中支隊関連のもう一つの碑、「田中支隊忠魂碑」はこちら、東京・九段の靖国神社にあります。

題字の揮毫は当時の第12師団長・大井成元(1863-1951)です。地元大分の碑は連隊長が題字を書いていましたね。




ちなみに、大井師団長は、シベリア出兵中に浦塩派遣軍司令官となった後、中将から大将へ昇進し、その功をもって男爵、貴族院議員となっています。

www6.plala.or.jp

特に調べていませんので邪推に過ぎませんが、大井師団長や田所連隊長にとって「田中支隊全滅」という事態が「どういうものであるべきか/どういうものであってはならなかったのか」ということを、いろいろ考えたくなりますね。

【大分の風景】田中支隊記念碑

昨日の記事の続きです。

blue-black-osaka.hatenablog.com

この写真を覚えてもらっていたと思います。

f:id:bluetears_osaka:20190311122029j:plain

それはとりあえずそれとして、桜が丘聖地のすぐ隣にある天神社にお参りします。大分陸軍墓地ができる前からこの地にあったはずのこの神社、これの存在を意識して陸軍墓地の場所が決められたとも考えられます。

f:id:bluetears_osaka:20190311120853j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311120916j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121036j:plain

で、この天神社境内から東を望むと、高台に何かが立っているのが見えます。

f:id:bluetears_osaka:20190311121105j:plain

寄っていくと、こんな感じです。何とか登れる道筋がいちおうついていて、上の方には見えていたもの以外にも何やかやとあります。

f:id:bluetears_osaka:20190311121235j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121344j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121350j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121715j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121811j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121759j:plain

その上で、中心部のこれです。天神社(桜ヶ丘聖地/大分陸軍墓地)の側から見えていたのは、実は裏面です。

f:id:bluetears_osaka:20190311121306j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121706j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121327j:plain

表面はこっち側、東を向いています。上部に掲げられた銅板には大正天皇の「お言葉」が記されており、「田中支隊記念碑」の題字には「田所成恭謹書」とあります。田所成恭(1875-1954)は、田中支隊がシベリア出兵で全滅した当時の歩兵第72連隊長です。

f:id:bluetears_osaka:20190311121528j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311121546j:plain

ちなみに、田所には何冊か著作があり、そのうち田中支隊全滅に言及したものが二冊確認できます。これらは国立国会図書館デジタルライブラリーで読むことができます。

webcatplus.nii.ac.jp
dl.ndl.go.jp
dl.ndl.go.jp

熟読したわけではありませんが、当時、この田中支隊全滅が「戦術上の失敗」だとか「犬死に」だとか言われ、重大事件として世の耳目を集めていたことは確かな事実のようです。だからこそ、部隊責任者であった田所は、これに弁明する必要があったのでしょうし、靖国神社と地元とにこれだけたいそうな慰霊のための記念碑を設置する必要もあったのでしょう。

さらに言えば、事件後の事件イメージを形成したと言われるこの田所連隊長の記述には虚構が多く、真相の隠蔽が行われていることがすでに指摘されています。これは、前回記事でもリンクを貼った郷土史家・柴田秀吉氏の考証によるものです。

シベリア出兵「ユフタの墓」?大分聯隊田中支隊全滅の真相

シベリア出兵「ユフタの墓」?大分聯隊田中支隊全滅の真相

また、このことは広岩近広氏が毎日新聞の連載で紹介しており、この連載をもとにした単行本も出ています。

mainichi.jp
mainichi.jp
mainichi.jp
mainichi.jp

シベリア出兵――「住民虐殺戦争」の真相

シベリア出兵――「住民虐殺戦争」の真相

ともあれ、こっち側が表面で、こちら側に通じる参道が、こんな形で付けられています。

f:id:bluetears_osaka:20190311121939j:plain
f:id:bluetears_osaka:20190311122015j:plain

この道こそがまさに、この記事のいちばん上の写真の右側の道だというわけです。

「田中支隊の記念碑」というと、靖国神社境内にある碑ばかりが取り上げられることが多く、こちらの碑に気に留める人はほとんどいなさそうなので、独立記事として心持ち少ししつこく、取り上げてみました。

blue-black-osaka.hatenablog.com